ローン移籍先のチャールトン・アスレティックで開幕から見事な活躍を見せるコナー・ギャラガーがイングランドU21代表に選出された。

チャンピオンシップでここまで11試合に出場し、4ゴールを決めているギャラガーだが、直近ではアウェーの2-2で引き分けたフルハム戦において先制点を決めている。昨シーズンはアカデミーの年間最優秀選手賞を獲得し、今シーズンが初めてのトップチームで過ごすシーズンとなった。

当初、ギャラガーはイングランドU20に選出されていたが、U21に選出されることとなった。イングランドU21代表はスロヴェニアとオーストリアと対戦する。

カラム・ハドソン=オドイ、リース・ジェイムズも怪我から復帰し、トップチームにも参加している。ハドソン=オドイはイングランドU21代表に選出経験がないが、今年の初めにはトップチームデビューを飾っている。3月にはイングランドU21代表に選出されていたものの、怪我のためにまずトップチームデビューとなった。そのデビュー戦はウェンブリーでのチェコ戦であった。

ジェイムズも足首の怪我から復帰しイングランドU21代表に選出。7月のトゥーロン国際ではイングランドU20の代表としてもプレー。マーク・グエヒ、トレヴォ・チャロバーもイングランドU21代表に選出されたが、チャロバーはローン先のハダーズフィールドで奮闘中、グエヒはカラバオ杯のグリムズビー戦でトップチームデビューを飾っている。

若きイングランド代表は11日に親善試合でスロヴェニアと対戦し、イングランドに戻ると15日にオーストリアと対戦する。