マルク・ククレヤが、ホームでの劇的なデビュー戦の結末についてコメントし、また、新加入の選手としてチームの中で最も居心地が良い場所を明らかにした。

昨日の午後、練習前にコブハムでククレヤがチェルシー入団後初めてとなる記者会見を開き、集まったメディアの質問に答えた。

今月初めにチェルシーへ入団したククレヤは、日曜日にクリスティアン・ロメロに髪の毛を引っ張られた瞬間について聞かれ、こう答えた。

「自分にとっては明確だったし、ビデオでも明らかだった。審判は良い判定をするときもあれば、そうでないときもあるけど、これは選手がどうにかできる問題ではないし、自分は試合に集中している。」

「次の試合では、最後の1分で失点しないように努力しなければならない。スタジアムでレッドカードかどうかを確認しているのを見たけど、自分にとってははっきりしていた。この試合では審判は間違えたと思うけど、他の試合では良い判断を下すだろう。」

「彼(ロメロ)には何の問題もない。試合中のたった一つの行動だったが、最終的な結果を変えることになったのだから、重要な行動だったのかもしれない。」

ククレヤは、この件の後も髪を切らないことを明言したため、彼のスタイルはまだ何年も見られるだろう しかし、彼がピッチ上のどこでプレーするかは、彼自身好むポジションを説明したように、様々な可能性があるだろう。

「左サイドの3つのポジションはどこでもできる。自分のベストポジションは4バックの左サイドバックなんだ。」

「でも、もし監督が他のポジションを与えてくれたら、そこでプレーするよ!」

「チェルシーに来られてとても幸せだよ。大きな責任がかかるけど、トッドも監督も獲得にとても興味を持ってくれていた。一生懸命トレーニングしてチームに適応し、クラブのために良いプレーをして勝つ、この意志を持ち続けたい。」