マルク・ククレヤはチェルシーに来てまだ数週間しか経っていないが、すでに新しいチームメイト、トーマス・トゥヘル、そしてブルーのファンたちに愛されている。

昨シーズンのブライトンとの試合では1-1の引き分けに終わったが、トゥヘルがククレヤに目をつけたのはそれが初めてではないことがわかった。

「バルセロナのアカデミーでプレーしていた時、彼に会ったので、大きな驚きでした」と、昨日コブハムで行われた入団会見でククレヤは明かした。

「彼は偉大な監督なので、大きな驚きだった。なぜ彼が自分に会ったのかはわからないけど、ここに来ることができてとても嬉しい。彼は自分にこの大きなチャンスをくれたので、彼のために一生懸命プレーしたい。」

「チームのレベルはとても高い。トロフィーを獲得するのは難しいけど、そのためにシーズンを通してハードなトレーニングをする。チームはビッグタイトル獲得経験もあるし、今シーズンの目標はトロフィーを獲ることだ。」

チェルシーがこの夏の間、彼に興味を示したことを知ったククレヤにとって、ブライトンを離れ、ロンドンに向かう決断は簡単なものだった。6年契約ということもあり、メディアでは見出しで紹介されることも多かった。

「長い契約期間となるけど、自分にとって最高のサッカーをするため、そして新しいクラブに行くときは、適応するために何ヶ月か必要なんだ。」

「プレッシャーはないし、自分の中では6年じゃない。チームのために一生懸命プレーして、自分のサッカーを楽しむだけだよ。新聞では6年は長いと書かれていたけど、もっとここにいてもいいと思っている。」

「自分のキャリアにとって大きなステップになる。チャンピオンズリーグでプレーする機会もあるし、トロフィーを獲得するために戦うことも、リーグで上位を狙うこともできる。良いクラブで良いプレーをすれば、代表チームでプレーする機会も増えるんだ。」

ククレヤは、ブルーとして初めて経験したスタンフォードブリッジでのプレーについてもポジティブな言葉を残し、トッテナム戦でのプレーがスタンドのエネルギーとマッチしていると感じたという。

「ホームでプレーするのはとても素晴らしい。スタジアムはとても有名で、歴史があり、雰囲気はとてもいい。」

「チェルシーは本当に良いプレーをしたし、試合に勝つためのチャンスをたくさん作った。本当に良いパフォーマンスだった。」