FAカップでプロデビューを果たしたルイス・ホールが、その特別な試合を振り返り、ホームサポーターのおかげで緊張を克服し、自分のプレーができたと語った。

土曜日の夜、スタンフォードブリッジで行われた試合では、チェルシーが問題なくノン・リーグのチェスターフィールドを5-1で敗り、番狂わせとはならなかったが、10代のホールが少年時代からプレーするクラブでデビューを果たしたことは、サッカーファンの心を温める話だった。

この17歳は、トーマス・トゥヘル監督から慣れない左センターバックのポジションで初のプロサッカーでの出場機会を与えられたが、その若さからは想像し難い落ち着いたパフォーマンスで、サポーター、評論家、そして監督を納得させた。

ホールは前半の4ゴールのうち2つに関与し、前半20分にはロメル・ルカクにアシストを送り3-0とし、ハーフタイム前には低いシュートがアンドレアス・クリステンセンに渡り、デンマーク人はループのヘディングシュートをファーポストに決めた。

コブハムにU-8から入り、今ではトップチームの舞台で輝きを放つまでになった彼のキャリアを、ホールはこう振り返った。

「子供の頃からずっと、これを目標にやってきたから、ついにこの機会を得ることができて最高の気分だし、家族やスタンフォードブリッジのファンの前でそれを成し遂げられたことは、本当に信じられないよ。」

「自分が先発だと知ったのは当日だった。今日、監督から先発メンバーに選ばれて、すぐに緊張し始めたよ。」

「チームシートに自分の名前があるのを見た瞬間、震えが止まらなかった。落ち着くまでに2、3時間かかった。」

その緊張も、序盤の巧みなタッチですぐに解け、ホームのファンの応援もあって、すぐに調子を上げたたという。

「ホームゲームだったからファンが自身を与えてくれたし、特に試合の序盤はシンプルなプレーを心がけ、彼らもそれをわかってくれた。」

「サポーターは選手を後ろから支えてくれた。自分もそれで自信を得ることができたんだ。」

昨シーズン、ナショナルリーグのチョーリーに所属し、ウィガン・アスレティック、ピーターバラ・ユナイテッド、ダービー・カウンティとの試合でゴールを決め、注目を集めた兄のコナーに続き、ルイスもFAカップに出場することになり、ホール家は近年、FAカップに対してある種の親近感を覚えているかもしれない。

兄の過去の成功について、「今日のことは彼に自慢できるよ」と話したルイスは、次の目標についてこう答えた。

「ここ数週間、トップチームで練習して、自分のレベルや理想を認識することができた。」

「毎日、一流の選手たちと一緒にプレーすることで進歩していると感じているし、将来的にはもっと多くのチャンスを得られると期待している。」