チェルシーのレジェンド、ディディエ・ドログバはアブダビのスタジアムでブルーズがFIFAワールドカップを制し、彼が現役時代に唯一獲得できなかったトロフィーを掲げる様子を見守った。

もちろん、ドログバは2012年のチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献し、決勝のバイエルン・ミュンヘン戦で同点ゴールを決め、PK戦では決定的なゴールを決めた。しかし、その後ウエストロンドンを離れたため、その年の日本でのクラブワールドカップに参加せず、チームは決勝でコリンチャンスに敗れた。

しかし、同じブラジルのパルメイラスを延長戦の末に2-1で下し、チームがスタンフォードブリッジのショーケースで唯一欠けていたトロフィーをついに手にしたとき、彼は一サポーターとしてムハンマド・ビン・ザイード・スタジアムのスタンドに立っていた。

ディディエは、2022年に古巣が任務を完了するのを見た後、満面の笑みを浮かべ、前回の大会への出場を逃したため、ファンとしてでもその場にいることが重要だと説明した。

「このトロフィーは、2012年にチェルシーが獲得できなかったものだから、とても意味があるんだ。自分がいなかったから、負けてしまった。だから、チームを応援しに来たんだけど、それもあってうまくいったのかな。」

「過去に獲得できなかったトロフィーを掲げているのを見るのはいいことだし、監督にはあれだけが欠けていると言ったんだ。だから、本当に嬉しいよ。選手たちにもおめでとうと言いたい。」

ドログバはまた、この勝利がチェルシーにもたらしたもの、つまり世界の偉大なクラブのひとつであるチェルシーが、他の多くのスポーツに比べてはるかに稀な世界チャンピオンと呼べるエリート集団の仲間入りを果たしたことも喜んでいる。

「チャンピオンズリーグを制して、今度は世界チャンピオンになる、それはとても大きなことだ。世界チャンピオンという称号はバスケットでしか聞かないんだ。今日、このクラブが世界チャンピオンになったことは大きな功績だ。」

しかし、試合終了後の喜びとは裏腹に、引退後はピッチ上での出来事に影響を与えることができず、スタンドのサポーターとして試合を楽しむことは難しいと感じているようだ。

「緊張するよ。動いているし、ヘディングもする。だから難しいんだ、自分はピッチにいるのが好きなんだ!」