チェルシーのアシスタントコーチであるジョー・エドワーズ氏が、ブルーズのレジェンドで元監督のフランク・ランパードが最近ヘッドコーチに就任したエヴァートンでのコーチングスタッフに加わるため、クラブを去ることになった。

27年間チェルシーに在籍したエドワーズは、マージーサイドでの新たな挑戦のために旅立つことになる。彼の今後の活躍を祈るとともに、長年のクラブへの貢献に感謝します。

トーマス・トゥヘル監督のコーチングスタッフとしての彼の務めていた役割は、現時点では代替される予定はない。

ブルーズのスクールボーイだったエドワーズは、16歳で放出されて以来、コーチとして目覚しい成長を遂げた。2004年にアカデミー選手の指導を始めた後、2014/15シーズンから2年間、U-18の監督を務め、FAユースカップで2度の優勝を経験した。

その後すぐに育成チームの主任監督に昇格したエドワーズは、チームをシニアのチェックトレード・トロフィーの準決勝に導いたが、リンカーン・シティにPK戦で敗れ、ウェンブリー決勝への出場権を逃した。アカデミーのチームとしては、これが史上最高の結果となっている。また、19歳以下のチームは、UEFAユースリーグで2年連続準優勝を果たし、さらに一歩前進した。

現在35歳のエドワーズは、2019年夏のランパード監督就任に伴い男子トップチームのアシスタントコーチに昇格した。それまでアカデミーで育成していた若手選手の何人かがトップチームに参加し、貴重な戦力であることを証明した。トゥヘル監督の下でもその役割を担い、昨年5月にポルトで行われたチャンピオンズリーグを制した際には、チームのバックルームスタッフの一員として帯同した。