チェルシーに所属する選手たちの今シーズンを振り返るシリーズ。今回はアンドレアス・クリステンセンのシーズンを振り返ってみよう。

トロフィー獲得とブルーズ初ゴールという最高の瞬間から、怪我や病気による出場機会の低下まで、アンドレアス・クリステンセンにとってチェルシーでの最後のキャンペーンは複雑なものであった。

序盤の活躍

デンマーク代表としてEuro 2020で見せたクリステンセンの素晴らしいパフォーマンスは、新しいシーズンにも引き継がれた。スーパーカップで優勝したベルファストでプレーし、リーグ開幕6試合のうち5試合に先発出場、特に10人でプレーしたアンフィールドでの後半戦の守備は印象的だった。

ブレントフォードは、かつて彼のユース時代のコーチであったトーマス・フランクが監督を務め、彼の代表でのチームメイトも多く所属していたチームであったが、クリステンセンは経験の浅い3バックをまとめ、昇格したばかりのチームをほぼ完封し、チェルシーはプレミアリーグの首位に立つことに成功した。

記録達成!

クリステンセンにとってチェルシーでの重要な記録は、その4日後にようやく達成された。チェルシーでの137試合目の出場となった、ホームでのマルメとのチャンピオンズリーグでの試合で、クリステンセンは自信を持ってボレーシュートを決め、チェルシーでの初ゴールを挙げたのである。クリステンセンの顔には、長い間待ち望んでいたこと、そしてスウェーデンのチームとの対戦であったことが、その喜びとして表れていた。

過密スケジュールの中試合が行われチーム全体に怪我や病気が蔓延する中、トーマス・トゥヘルはディフェンス陣を定期的に交代させ続けた。クリステンセンはリーグ戦7試合のうち4試合に先発し、その後、故障により戦線を離脱する。

背中の痛みとコロナ感染により1月のほとんどの試合を欠場したクリステンセンだったが、FAカップのチェスターフィールド戦で3ヶ月ぶりの2点目を挙げた。キーパーを振り切る巧みなヘディングで、これもシェッドエンドのネットに突き刺さった。

その後復調すると、クラブワールドカップでは準決勝のアル・ヒラル戦と延長戦の末勝利したパルメイラス戦で先発出場し、クラブ史上初のトロフィーを手にした。

アブダビから帰国後、クリステンセンはリーグ戦7試合のうち5試合に出場し、ディフェンスの中央と3バックの右を行き来し、チャンピオンズリーグのラウンド16のリール戦でも両レグでプレーした。

ホームでの苦闘

しかし、レアル・マドリードとの準々決勝の第1戦では苦戦を強いられるなど、シーズン終盤は彼にとっても厳しいものとなった。今シーズン、ヴィニシウス・ジュニオールやカリム・ベンゼマに苦しめられたのは、ヨーロッパで彼だけではなかった。その数週間後には、彼の短いバックパスでアーセナルにホームで先制点を奪われてしまう。その結果、どちらの試合でもハーフタイムで交代させられた。

クリステンセンは、5月の大半は出場できなかったが、リーズとの3-0の勝利では、34試合目の出場となった。そして契約終了を迎え、10年間過ごしたチェルシーを去ることになった。

アンドレアス・クリステンセン 2021/22シーズン・スタッツ

出場回数:34

スタメン:31

交代出場:10

ベンチ:11

プレー時間(分):2754

ゴール:2

アシスト:0

アンドレアス・クリステンセン プレミアリーグ出場試合数 2021/22

アンドレアス・クリステンセンは今シーズン、チェルシーでプレミアリーグ19試合に出場し、うち17試合が先発出場だった。

アンドレアス・クリステンセン チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

アンドレアス・クリステンセンは今シーズン、チャンピオンズリーグで8回、全て先発出場した。

アンドレアス・クリステンセン FAカップ出場試合数  2021/22

アンドレアス・クリステンセンは今季FAカップに3試合出場し、全て先発出場した。

アンドレアス・クリステンセン カラバオカップ出場試合数  2021/22

アンドレアス・クリステンセンはチェルシーで今季カラバオカップに1度出場した(準決勝トッテナム戦第2試合)。

アンドレアス・クリステンセン スーパーカップ、クラブワールドカップ出場試合数  2021/22

アンドレアス・クリステンセンは、スーパーカップのビリャレアル戦に代役として出場し、クラブワールドカップ準決勝と決勝の両方に先発出場した。