選手ごとに見ていくこのシーズンレポート。今回はアントニオ・リュディガーのシーズンを振り返ってみよう。 

今シーズンは、リュディガーにとって二つに分かれたものとなった。開幕当初、リュディガーはレギュラーから外れていたが、その後ポジションを奪取し、トップ4入りとチャンピオンズリーグ制覇に重要な役割を果たした。

控えめなスタートではあったが、2020/21シーズンの終わりにはチームの成功に大きく貢献した。リュディガーは、ポゼッション時もオフ・ザ・ボール時も安定感を与え、その勝利への決意と闘志でチームのリーダーの一人となった。

その情熱的な献身は、負傷によりマスクをつけて出場したチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・シティの攻撃に対して際立った。

我慢の日々

夏にチアゴ・シウバが加入し、クル・ズマがセンターバックとして活躍したことで、開幕から数ヶ月間、リュディガーの出場機会は限られていた。

2020年末の時点で、今シーズンのプレミアリーグでの出場はわずか2試合。ニューカッスル・ユナイテッドでの勝利とアストンヴィラとのホームでの引き分けの際に、チアゴ・シウバが休んでいる間に代役を務めただけだった。しかし、チャンピオンズリーグでは、6試合中4試合に出場し、ブルーズはグループEで首位となった。

ディフェンスの戦士

フランク・ランパードがチームの低迷を食い止めるために起用したのを皮切りに、トーマス・トゥヘル監督の下ではリーグ戦4試合を除くすべての試合に先発出場した。

チアゴ・シウバ、セサル・アスピリクエタと並んで、2020/21シーズンの残りの期間、トゥヘル監督が好む3バックを形成した。彼のスピード、優れたポジション感覚、そして負けを認めない姿勢は、新監督就任後の14試合でわずか2失点という結果に表れており、そのうちの1失点はエリア内の混戦の中でリュディガー自身が犯したオウンゴールだった。

チャンピオンズリーグ決勝では、見事なタックルを見せマンチェスター・シティのフィル・フォーデンのゴールを防いだ。

また、ボールをもって何かを起こそうとする意欲や、時にはディフェンスから攻撃参加するなど、トゥヘル監督の下でのブルーズのプレースタイルにとって重要な存在となり、結果的にピッチの反対側でも影響力を発揮することになった。

チャンピオンズリーグ準決勝対レアル・マドリード第1戦では、リュディガーの見事なフィードからクリスティアン・プリシッチがアウェーゴールを決めた。また、スタンフォードブリッジで行われたレスターとのリーグ戦では、今季唯一となるゴールを決め、この試合2-1で勝利したブルーズは、プレミアリーグでのトップ4入りを果たすことになった。

アントニオ・リュディガー 2020/21シーズン・スタッツ

出場回数34試合

先発出場32回

交代出場0回

出場なし17

プレー時間3,132分

ゴール1

アシスト1

プレミアリーグ出場回数 2020/21

プレミアリーグで19試合に出場した。

チャンピオンズリーグ出場回数 2020/21

チャンピオンズリーグで11試合に出場し、そのうち1試合は途中出場した。

FAカップ出場回数 2020/21

FAカップで4試合に出場し、そのうち1試合は途中出場した。

カラバオカップ出場回数 2020/21

カラバオカップには出場しなかった。

ゴール 2020/21

プレミアリーグの1ゴールを決めた。