各選手のシーズンレビューシリーズ、次は今季限りでチェルシーを退団したDFアントニオ・リュディガーの1年を振り返ってみよう。

リュディガーは、クラブでの最後のキャンペーンで、UEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップでフル出場し、両方のトロフィーを獲得、ブルーズで重要な役割を果たした。アブダビで行われたパルメイラスとの決勝戦では、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、彼のリーダーシップとディフェンス能力の重要性が証明された。

このドイツ人選手は、リーグ・カップ戦合わせて54試合に出場し、そのすべてが先発出場であり、チェルシーの他のどの選手よりも多い。チェルシーとの契約満了に伴うレアル・マドリードへの移籍は今月初めに発表され、ロンドン南西部での5シーズンの成功に終止符を打つこととなった。

守備の絶大な信頼感

チェルシーのバックラインにおけるリュディガーの役割は、シーズンを通して明らかだった。リュディガーは、同胞であるトーマス・トゥヘル監督のもとで、父親のような存在として信頼されながら成長してきた。

2021/22シーズン、54試合に出場し、その中でチームが26回クリーンシートを達成したことは、リュディガーがチェルシーの選手として最高の結果を残したことを十分に肯定するものだろう。プレミアリーグ開幕戦での無失点に始まり、リーグ開幕5試合で4回のクリーンシートを達成した秋までその流れは続いていた。

リュディガーのブロック、意識、そして驚異的なリカバリーのスピードはこの時期のチェルシーを象徴するものであり、あの独特の膝を高く上げたランニングスタイルでスルーパスを出す姿も最後までよく目にした。

冷酷なルディ

9月に行われたアウェーのトッテナム戦では、ロスタイムにゴールを決めて3-0の勝利を収め、この20年間で最大の勝率でブルーズを首位に押し上げた。

彼の得点はここで留まることはなく、1月のカラバオカップ決勝では、コーナーからヘディングシュートを決めて決勝進出を決め、「キャリアで最高の時期」と振り返った。その前の11月にも、レスター相手にアウェーで3-0の勝利を収めた試合でもゴールを決めた。

さらに春にもゴールを重ね、特にブレントフォード戦では、加入以来より熟成した選手となったことを証明するような素晴らしいシュートを決めている。

この時点ですでに、長いストライドを活かしてフィールドを駆け巡る彼の姿は、ブルーズのサポーターにとって見慣れたものとなっていたが、遠くから力強くゴールを狙う彼の執念は、ついにビーズ戦で長距離からのゴールという形で実を結んだ。このゴールは、ブルーズでの12ゴールのうちのひとつであり、4月のプレミアリーグの月間最優秀ゴールに選ばれた。

しかし、2021/22のルディガーの活躍で最も記憶に残るのは、ベルナベウで行われた、移籍先のレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグでの逆転劇だろう。リュディガーのヘディングシュートで3-3の同点に追いつくと、ティモ・ヴェルナーが一時的にリードしたが、延長戦の末に敗退となった。

感謝と別れ

しかし、リュディガーが光ったのはやはりディフェンスにおいてであり、チームメイトや敵の選手たちに大きな印象を残し、PFA年間最優秀チームにブルーズの選手として唯一選出された。

5月にアウェーで行われたリーズ・ユナイテッド戦で200試合目の出場を果たし、またしてもクリーンシートを達成したが、月日が経つにつれ、夏の去就が明らかになった。

当然ながら、移籍が確定した後もリュディガーのプロ意識とパフォーマンスは低下することはなかった。チャンピオンズリーグではレアル・マドリードに、カラバオカップとFAカップの決勝ではリヴァプールに敗れ、タイトル獲得の可能性がなくなったとき、彼の落胆は明らかであった。

トゥヘルがリュディガーの退団を発表してから数週間後、シーズン最後の試合となったワトフォードのホームゲームで、彼は特別な歓迎を受け、残り25分のところでピッチを去った。スタンフォードブリッジのサポーターは彼を温かく見送り、リュディガーもそれに応え、トロフィーに満ちた素晴らしい5年間を共に過ごしたことに感謝の意を表した。

アントニオ・リュディガー 2021/22シーズン・スタッツ

アントニオ・リュディガー プレミアリーグ試合出場数 2021/22

アントニオ・リュディガーは今シーズンのプレミアリーグ34試合に出場、そのすべてがスタメンだった。

アントニオ・リュディガー チャンピオンズリーグ試合出場数 2021/22

アントニオ・リュディガーは今シーズン、チャンピオンズリーグでチーム最多となる9試合に出場した。

アントニオ・リュディガー FAカップ試合出場数 2021/22

アントニオ・リュディガーは今シーズン、FAカップで5試合に出場した。

アントニオ・リュディガー カラバオカップ試合出場数 2021/22

アントニオ・リュディガーは今季カラバオカップに3試合出場した。

アントニオ・リュディガー スーパーカップ、クラブワールドカップ試合出場数

アントニオ・リュディガーは今季、UEFAスーパーカップに1試合、FIFAクラブワールドカップに2試合出場した。

アントニオ・リュディガー 得点数 2021/22

アントニオ・リュディガーは2021/22シーズンにチェルシーでプレミアリーグで3得点、カラバオカップで1得点、チャンピオンズリーグで1得点の計5得点を記録した。