選手別のシーズンレビューでは、カイ・ハフェルツ選手に焦点を当てています。彼は、おとぎ話のような結末を迎えるまでに数々の困難を乗り越えてきました。

これがイングランドでの初シーズンとなったハフェルツは、パンデミックの中で新しい国での生活に適応するために多くの困難に直面し、怪我や病気にも悩まされたが、シーズン終了時にはすべてを乗り越えこれまでのキャリアの中で最高の瞬間を迎えた。

ハフェルツの多彩な攻撃力は、トーマス・トゥヘル監督が率いる2020/21シーズン後半、特にチャンピオンズリーグでレアル・マドリードとマンチェスター・シティを相手に顕著に見られた。個人としてゴールとアシストで20得点に絡み、ブルーズの戦術に欠かせない選手となってた。

鮮烈なスタート

開幕の10日前にチェルシーに加入したためプレシーズンはほとんど参加できなかったが、ハフェルツは初戦のブライトン戦で先発出場を果たした。

開幕からチャンピオンズリーグのクラスノダール戦を含む10試合のうち9試合に先発出場したが、スタンフォードブリッジで行われたカラバオカップでは、チェルシーでの3試合目にしてキャリア初のハットトリックを達成し、チームはバーンズリーに6-0で大勝した。

急ストップ

9月と10月には不動の地位を築いていたハフェルツだったが、新型コロナウイルス感染症に感染すると、11月はわずか2回の出場にとどまり、試合から遠ざかってしまった。

ウイルスの後遺症に苦しんだ彼だったが、プレシーズンにしっかりと準備をできなかったことも影響していた。1月の初めには、マンチェスター・シティ戦とモアカム戦で1ゴール2アシストを記録するなど、以前の調子に近づいてきた兆候があったが、2月の大半を再び負傷で棒に振ってしまった。

凱旋

4月下旬に行われたクリスタルパレス戦では1ゴール1アシスト、フラム戦では2ゴール2アシストと素晴らしいパフォーマンスを披露し、リーグ戦で活躍したハフェルツだったが、彼にとって今季最高の2試合は、間違いなくチャンピオンズリーグという大舞台でのものだった。

その後復帰したハフェルツだが、コンディションの問題を解決し、トゥヘル監督の下でより中央に近いポジションに移ったことの恩恵も受けた。10番や偽9番として目を見張るようなパフォーマンスを披露し、シーズンが劇的なクライマックスに近づくにつれ、プレーの質はますます向上していった。

4月下旬に行われたクリスタルパレス戦では1ゴール1アシスト、フラム戦では2ゴール2アシストと素晴らしいパフォーマンスを披露し、リーグ戦で活躍したハフェルツだったが、彼にとって今季最高の2試合は、間違いなくチャンピオンズリーグという大舞台でのものだった。

ハフェルツは、レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ準決勝第2戦でも、ファイナルサードで試合に大きな影響を与えていた。ポルトでチェルシーを再び欧州王者になったのも、ハフェルツがGKをかわして決めたゴールのおかげだった。新しいクラブでの最初のシーズンを締めくくるには悪くない方法だっただろう!

カイ・ハフェルツ 2020/21シーズン・スタッツ

出場回数45試合

先発出場29回

交代出場18回

出場なし5

プレー時間2,666分

ゴール9

アシスト11

プレミアリーグ出場回数 2020/21

今シーズン、プレミアリーグ27試合に出場し、そのうち9試合は途中出場した。

チャンピオンズリーグ出場回数 2020/21年

今シーズンのチャンピオンズリーグで12試合に出場し、そのうち3試合は途中出場した。

FAカップ出場回数 2020/21

今シーズンのFAカップで5試合に出場し、そのうち4試合は途中出場した。

カラバオカップ出場回数 2020/21

今シーズンのカラバオカップでは1試合で先発出場した。

ゴール 2020/21

カイ・ハフェルツは2020/21シーズン、チェルシーで9ゴールを記録した。プレミアリーグ4点、FAカップ1点、カラバオカップ3点、そしてチャンピオンズリーグ1点—これが彼にとってCL初ゴールで、決勝戦でブルーズに勝利をもたらした。