今回は2人のGKのシーズンを振り返ってみよう。

エドゥアール・メンディが2021/22シーズンもチェルシーの正GKであり続けた一方で、GKの控え選手たちはキャンペーンを通して合わせて16試合に出場し、果たすべき役割を担った。

ケパ・アリサバラガは、アフリカネーションズカップでメンディが不在の間、見事にその役割を果たし、UEFAスーパーカップで史上2度目の優勝を果たしたベルファストではPK戦でヒーローのような活躍を見せた。

また、1月上旬に行われたFAカップ3回戦では、マーカス・ベッティネッリがデビューし、立派にその役目を果たした。

PKのスペシャリスト

ケパのシュートアウトでの活躍は、シーズン初戦となったビリャレアルとのスーパーカップで始まった。ベンチスタートしたケパは、延長戦の終盤にメンディの代わりに投入され、事前に計画されていたPK戦の戦略の一端を担った。

ケパは、スペインのチーム相手に2度セーブ、結果6-5での勝利に貢献した。試合終了のホイッスルが吹かれた後、ケパはチームメイトの肩に担がれて祝福され、普段の彼の周囲との関係性が浮き彫りになった。

9月に行われたトッテナム戦では、負傷したメンディの代役として出場し、3-0の勝利を収め、4試合ぶりにクリーンシートを達成した。

その3日後、カラバオカップのアストンヴィラ戦では、マーヴェラス・ナカンバの12ヤードからのシュートを止め4-3の勝利を収め、チェルシーの歴史においてペトル・チェフと並び最多となるPK戦7セーブを記録、最終的には8セーブでシーズンを終えた。

立ち位置とステップアップ

メンディが1月上旬にセネガル代表の一員として出発したため、ベッティネッリはFAカップ3回戦のチェスターフィールド戦で初めて先発メンバーに名を連ね、ブルーズはスタンフォードブリッジで快勝を収めた。

チェルシーデビューを果たしたベッティネッリは、チェルシーの先制点となった最初のプレーで素晴らしいセーブを見せたものの、後半に失点してしまいクリーンシートは達成できなかった。しかし、信頼できる代役であることを証明し、シーズン中もGK陣をサポートし続けた。

ケパはメンディ不在中に7試合に出場し、その中にはFIFAクラブワールドカップ準決勝のアル・ヒラル戦での2つの素晴らしいセーブが含まれており、リードを保つことに成功した。

ウェンブリーでの苦悩

ビリャレアル、アストンヴィラ、サウサンプトンに勝利した後、カラバオカップ決勝では、ウェンブリーでの苦悩とドラマを味わった。

リヴァプール戦では、PK戦直前にケパをピッチに送るプランが再び採用されたが、22本という膨大な数のペナルティキックの末、自身の蹴ったシュートはクロスバーを越えてレッズサポーターに届いた。

その数日後、FAカップでルートン・タウンと対戦した試合が、彼にとってこのシーズン最後の出場となった。

ケパ・アリサバラガ 2021/22シーズン・スタッツ

出場回数: 15

スタメン: 13

交代出場: 0

ベンチ: 47

プレー時間(分): 1,333

クリーンシート: 6+1

ケパ・アリサバラガ プレミアリーグ出場試合数 2021/22

ケパ・アリサバラガは今シーズン、チェルシーでプレミアリーグに4試合出場した。

ケパ・アリサバラガ チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

ケパ・アリサバラガは今季、チャンピオンズリーグで1試合に出場した。

ケパ・アリサバラガFAカップ出場試合数 2021/22

ケパ・アリサバラガは今季、FAカップに2試合出場した。

ケパ・アリサバラガ カラバオカップ出場試合数 2021/22

ケパ・アリサバラガは今季、カラバオカップで6試合に出場し、1試合を除き全て先発出場した。

ケパ・アリサバラガ スーパーカップとクラブワールドカップ出場試合数 2021/22

ケパ・アリサバラガは今シーズン、UEFAスーパーカップで1試合、FIFAクラブワールドカップで1試合出場した。

ケパ・アリサバラガ クリーンシート数 2021/22

ケパ・アリザバラガは今シーズン、チェルシーで6試合のクリーンシートを達成し、リヴァプールとのカラバオカップ決勝では延長戦の後半に交代で出場している。

マーカス・ベッティネッリ 2021/22シーズン・スタッツ

出場回数: 1

スタメン: 1

途中出場: 0

ベンチ: 25

プレー時間(分): 94

クリーンシート: 0

マーカス・ベッティネッリ FAカップ出場試合数 2021/22

マーカス・ベッティネッリは今シーズン、FAカップに1試合出場した。