今回のシーズンレポートでは、クラブ最優秀選手のメイソン・マウントの1年を振り返ってみよう。

チェルシーのトップチームで3年目のシーズンを迎え、チームの中心選手として定着したメイソン・マウントは、今季スタンフォードブリッジでますます力をつけ、2年連続でクラブの年間最優秀選手にサポーターから選出された。

ワイドな攻撃的ポジション、2人のストライカーの背後の10番として、あるいは時には中盤の3人の一員として、トーマス・トゥヘル監督のチームにおけるマウントの重要性は、2021/22シーズンにブルーズでこの23歳の選手より多く出場したのがアントニオ・リュディガー一人だけという事実からも明らかであった。

さらなる高みへ

夏のEuro2020の決勝進出を果たした後、プレシーズンに遅れて戻ってきたにもかかわらず、2021/22シーズンの初戦、UEFAスーパーカップのビリャレアル戦に先発出場し再度トロフィーを掲げた。

トゥヘルがチームシートに最初に名前が載る選手であり続け、キャンペーン前半にブルーズでこれほど多く出場したフィールドプレーヤーもいなかった。

それは、スタンフォードブリッジで行われたノリッチ・シティとのプレミアリーグで7-0の大勝を収めたときにも顕著に表れた。これまでチェルシーで1試合に2回以上得点したことがなかったマウントが、チェルシーで初めてハットトリックを達成し、さらにリース・ジェイムズの得点もお膳立てしたのである。

安定したプレー

12月初旬、チームの調子が落ちてきたにもかかわらず、彼の好調ぶりは続き、マウントはプレミアリーグの4試合連続でゴールネットを揺らし、その中には、ウェストハム戦での見事なボレーシュートが含まれていた。

2022年もFAカップ4回戦のプリマス・アーガイル戦でセサル・アスピリクエタの同点弾をお膳立てするなど好調なスタートを切り、更なるトロフィー獲得を目指していたが、タイミング悪く足首を痛めFIFAクラブワールドカップには短時間しか出場することができなかった。

しかし、重要な場面ではその存在感を示した。準決勝の終盤、プレッシャーにさらされたチェルシーを落ち着かせるために投入され、決勝の序盤では、前半で負傷退場するまではピッチ上で間違いなくベストプレーヤーだった。

大舞台での活躍

しかし、こうした怪我の心配はすぐに解消され、マウントはシーズンの重要な局面で目を見張るようなパフォーマンスを披露することになった。その中には、サウサンプトンを6-0で下し、連敗から見事に立ち直った試合も含まれる。

チャンピオンズリーグ準々決勝、レアル・マドリード戦では、第1戦の劣勢を挽回するまであと一歩のところまで至り、FAカップ準決勝、ウェンブリーでのクリスタルパレス戦ではゴールを決めた。

カラバオカップとFAカップの決勝戦では敗れ、後者の決戦ではPKをセーブされるという痛い目に遭ったが、マウントはこの2つの大舞台で誰よりも貢献し、プレミアリーグのリーズ・ユナイテッド戦では先制点を決め、さらにクリスチャン・プリシッチの2点目をアシスト、3-0の勝利でチームの3位入りに大きく貢献した。

メイソン・マウント 2021/22シーズン・スタッツ

出場回数: 53

スタメン: 41

交代出場: 13

ベンチ: 4

プレー時間(分): 4,061

ゴール: 13

アシスト: 18

メイソン・マウント プレミアリーグ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントは今シーズン、チェルシーでプレミアリーグ32試合に出場し、うち5試合途中出場した。

メイソン・マウント チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントは今シーズン、チャンピオンズリーグで7試合に出場し、2度は交代要員としてプレーした。

メイソン・マウント FAカップ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントは今季のFAカップで5試合に出場、全て先発出場となった。

メイソン・マウント カラバオカップ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントは今シーズン、カラバオカップで3試合すべてベンチから途中出場した。

メイソン・マウント UEFAスーパーカップ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントはUEFAスーパーカップで途中出場した。

メイソン・マウント FIFAクラブワールドカップ出場試合数 2021/22

メイソン・マウントはクラブワールドカップで2度出場し、1度は交代要員として出場した。

メイソン・マウントの得点数 2021/22

メイソン・マウントは2021/22シーズンにチェルシーで13ゴールを挙げ、プレミアリーグで11点、チャンピオンズリーグで1点、FAカップで1点を記録した。