2021/22シーズンの選手別レビューの次は、怪我によって離脱する時期が多かったものの、チームに大きな貢献をしたエンゴロ・カンテのキャンペーンを振り返ってみよう。

2021/22シーズンは、カンテにとって中断の多いシーズンであり、怪我や体調不良でコンスタントに出場することが難しく、本調子ではなかったが、それでも彼がいかにチェルシーにとって重要な存在であるかを再認識させられた。

トーマス・トゥヘル監督は、カンテが不在の時にチームの調子が落ちるのは偶然ではないと述べ、実際に出場した試合は常に高い水準でプレーし、複数のトロフィーと個人賞を獲得した。

キャプテンとして出場したシーズン初戦

シーズン初戦から高い評価を受けたカンテ。トゥヘル監督の下で2回目となるキャプテンをつとめ、さらにその後も何度かその役割を果たした。シーズン初戦、UEFAスーパーカップでビリャレアルを破り最初のトロフィーを手にした。

プレミアリーグで同じような状況で2得点を挙げたことも、シーズン序盤のハイライトだった。9月にロンドンのライバル、トッテナム・ホットスパー相手に、そしてその2カ月後に前所属のレスター・シティと対戦したが、いずれもアウェーで3-0の勝利を収めた際にチーム2点目を決めた。

ストレスの溜まる冬

しかし、好調を維持し11月までにリーグ・カップ戦合わせてわずか1度しか敗戦を経験していなかったが、股関節の負傷とコロナ感染により短期間の離脱を強いられ、また、UEFAネーションズリーグ決勝でのフランスの優勝を逃したことから、彼のキャンペーンを阻害するフラストレーションはすでに兆候として現れていた。

3-0で勝利したアウェーでのレスター戦では、チーム2点目を決めるなど素晴らしい活躍を見せたが、その3日後、スタンフォードブリッジで行われたユヴェントス戦の前半に膝を負傷し、11月から12月までの間、カンテは戦線を離脱することになった。

タイムリーな復帰

カンテが復帰したのは、チームがシーズン序盤の好調を取り戻すのに苦労していた時期だった。1月上旬には、コロナ感染によって再び出場できなくなったが、彼の復帰により国内での成績は安定し、年明けにはFIFA FIFPro男子ベストイレブンに選ばれ、UEFA男子年間最優秀選手賞を受賞、バロンドール候補にもなった。

FIFAクラブワールドカップ準決勝のアル・ヒラル戦ではハーフタイムに途中出場し、決勝では120分間に渡ってプレーし、パルメイラスを2-1で破り、優勝に貢献した。

強さを見せたシーズン終盤

キャンペーン後半には、より安定したプレーを見せ、4月末までプレミアリーグで16試合連続出場を果たし、2021年までの厳しい状況からトップ4入りを目指すとともに、チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、レアル・マドリーとのアウェー戦で信じられない逆転劇を演じた際には、再びチームのキャプテンを務めた。

また、2022年序盤にはプレミアリーグで4アシストを記録し、イングランドでのベストシーズンに匹敵するほどの創造力を発揮した。

5月の初め、カンテは負傷し、重要な局面で彼を欠くでチームは厳しい状況に陥ったが、またしてもタイミングよく復帰し、元所属のレスターとの試合で先発、重要な試合で引き分けリーグ3位を確保した。

エンゴロ・カンテ 2021/22シーズン・スタッツ

出場数: 42 スタメン: 31 交代出場: 16 ベンチ: 2 プレー時間(分): 2,902 ゴール: 2 アシスト: 4

エエンゴロ・カンテ プレミアリーグ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテは今シーズン、チェルシーでプレミアリーグ26試合に出場し、そのうち5試合で途中出場した。

エンゴロ・カンテ チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテは今シーズン、チャンピオンズリーグで6試合に出場し、全て先発出場した。

エンゴロ・カンテ FAカップ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテは今季FAカップに3度出場し、全てベンチからの出場となった。

エンゴロ・カンテ カラバオカップ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテは今シーズン、カラバオカップに4回出場し、2回はスタメン出場だった。

エンゴロ・カンテ UEFAスーパーカップ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテはUEFAスーパーカップに先発出場した。

エンゴロ・カンテ FIFAクラブワールドカップ出場試合数 2021/22

エンゴロ・カンテはクラブワールドカップで2試合とも出場し、決勝戦に先発出場した。

エンゴロ・カンテ ゴール数 2021/22

エンゴロ・カンテは2021/22シーズンにリーグ戦で2ゴールを挙げた。