2人のミッドフィルダーの昨シーズンのパフォーマンスを振り返ってみよう。

サウール・ニゲスとロス・バークレーは、多忙なシーズンを通して、ジョルジーニョ、マテオ・コヴァチッチ、エンゴロ・カンテ、ルベン・ロフタス=チークのサブながらも、37試合に出場している。

サウールのシーズン

アストンヴィラ戦でのデビュー戦では、ハーフタイムで途中交代となり、ブリッジでの出だしは厳しいものとなった。しかし、カラバオカップに出場することで、徐々にイングランドサッカーのスピードとパワーに慣れていった。

シーズン中、トーマス・トゥヘル監督は、サウールの多才ぶりを高く評価し、中盤の中央と左ウイングバックとして起用された。

トゥヘルはサウールのヨーロッパでの経験も重視し、チャンピオンズリーグでは多くの出場機会を得た。ホームでのリール戦、アウェーでのレアル・マドリード戦では、重要な局面でベンチから途中出場した。

合計で23試合に出場し、そのうち12試合で先発した。また、3月に行われたルートン・タウンとのFAカップでは、エリアのすぐ外から見事なゴールを決め、チェルシーでの唯一のゴールを決めた。

ブルーズに復帰したバークリー

前シーズンをレンタル先で過ごしたバークリーは、プレシーズンにチェルシーに戻り、カラバオカップのアストンヴィラ戦で途中出場し2021/22シーズン最初の出場機会を得て、さらにPK戦でゴールを決めた。

10月上旬のサウサンプトン戦では、途中出場からセサル・アスピリクエタに絶妙なパスを出し、キャプテンのクロスからティモ・ヴェルナーが終盤に先制点をもたらした。その後、ノリッジ戦、ニューカッスル戦でもサブとして出場し、大勝を収め、11月初旬のバーンリー戦では先発出場した。

クリスマス休暇の時期は過密スケジュールに加え故障者やコロナ感染者が相次ぎ、バークリーはチャンピオンズリーグでゼニト・サンクトペテルブルク、カラバオカップでブレントフォードとの試合で先発したが、3月末まででこれがリーグ戦最後の出場となった。

ワトフォード戦では、ロスタイムにヘディングで決勝ゴールを決め、シーズン21人目の得点者となった。その1週間前のFAカップ決勝では、リヴァプールに敗れたものの、延長戦の最後の1分間で投入され、PKを決めている。

サウール 2021/22シーズン・スタッツ

出場回数: 23 スタメン: 12 途中出場: 15 ベンチ: 32 プレー時間(分): 1,315 ゴール: 1 アシスト: 0

ロス・バークリー 2021/22 シーズン・スタッツ

出場回数: 14 スタメン: 4 途中出場: 4 ベンチ: 30 プレー時間(分): 496 ゴール: 1 アシスト: 0

サウール プレミアリーグ出場試合数 2021/22

サウールはチェルシーでプレミアリーグに10試合出場し、そのうち半分の試合でベンチから途中出場した。

サウール チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

サウールは今季、チャンピオンズリーグで5試合に出場し、うち1試合は先発出場した。

サウール FAカップ出場試合数 2021/22

サウールは今シーズン、FAカップで3試合に出場し、うち2試合は先発出場した。

サウール カラバオカップ出場試合数 2021/22

サウールは今季カラバオカップに4試合全て先発出場した。

サウール FIFAクラブワールドカップ出場試合数 2021/22

サウールはクラブワールドカップ決勝のパルメイラス戦で途中出場した。

サウール 得点数 2021/22

サウールは2021/22にチェルシーでFAカップのルートン戦で1得点を挙げた。

ロス・バークリー プレミアリーグ出場試合数 2021/22

ロス・バークレーはチェルシーでプレミアリーグに6回出場し、そのうち5回途中出場した。

ロス・バークレー チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

ロス・バークレーは今季のチャンピオンズリーグで3試合に出場し、うち1試合は先発出場した。

ロス・バークレー FAカップ出場試合数 2021/22

ロス・バークレーは今季FAカップに2試合出場、いずれもベンチからの出場だった。

ロス・バークレー カラバオカップ出場試合数 2021/22

ロス・バークレーは今季カラバオカップに3試合出場、うち2試合は先発出場した。

ロス・バークレー得点数 2021/22

ロス・バークレーは2021/22シーズン、チェルシーで1ゴールを記録、最終節ワトフォード戦でクラブにとって今季最後のゴールを決めた。