今回のシーズンレビューでは、チェルシー2年目となったハキム・ツィエクの1年を見ていこう。

ハキム・ツィエクは、チャンピオンズリーグのマルメとのアウェー戦でチェルシー欧州通算500ゴール目を含む、8ゴールをマークし、成功したシーズンとなった。

この29歳の選手は、2022年初頭の一連の試合で素晴らしいゴールを決め、トッテナム戦での得点はゴール・オブ・ザ・シーズンにもノミネートされた。

トーマス・トゥヘル監督のもと、右サイドのワイドなポジションでプレーし、ブルーのユニフォームに身を包んだツィエクのキャンペーンは、進歩的でチームに強い影響を与えたと言えるだろう。

好調だった冬季シーズン

ツィエクは、1月から2月にかけて、ブライトン、トッテナム、クリスタルパレスとのプレミアリーグ3連戦でゴールを決めた。

シーガルズ戦とスパーズ戦では、いずれも長距離からシュートを決め、後者はチェルシーのシーズン・ゴールのひとつとなった。

1月のアメックスでの先制点は、ブルーズに勝ち点1をもたらしただけだったが、アブダビとクラブワールドカップ優勝から戻ったばかりのセルハースト・パークではチームに土壇場の勝利をもたらした。ハキムは先にゴールを決めていた、VARにより無効とされた。その数分後、マルコス・アロンソのクロスをツィエクがボレーでゴールに押し込み、勝ち点3を獲得した。

1シーズン目を糧に

ツィエクはデビューシーズンで6ゴールを記録したが、2021/22シーズンは8ゴールをマークした。この8ゴールはすべて左足で決めたもので、チェルシーでの14ゴールのうち13ゴールが彼の利き足で決めたものである。

昨シーズン、ブルーズはハキムがゴールを決めた試合で負けておらず、そのうち6試合で勝利している。その中の3試合、ブライトン戦、ホームでのスパーズ戦、そしてFAカップ準々決勝でのアウェーでのミドルズブラ戦はエリア外からゴールを決めた。

2021/22シーズンは、マルメ、ワトフォード、そしてパレスとのアウェー戦の3試合で決勝点を挙げている。

ハキム・ツィエク 21/22シーズン・スタッツ

ハキム・ツィエクのプレミアリーグ出場試合数 2021/22

ハキム・ツィエクは今シーズン、チェルシーでプレミアリーグ23試合に出場し、そのうち9試合は途中出場だった。

ハキム・ツィエク チャンピオンズリーグ出場試合数 2021/22

ハキム・ツィエクは今シーズン、チャンピオンズリーグで9試合に出場し、うち5試合は先発出場した。

ハキム・ツィエク FAカップ出場試合数 2021/22

ハキム・ツィエクは今シーズン、FAカップで5試合に出場し、そのうち3試合は先発出場した。

ハキム・ツィエク カラバオカップ出場試合数 2021/22

ハキム・ツィエクは今シーズン、カラバオカップで4試合出場し、うち3試合は先発出場した。

ハキム・ツィエク スーパーカップ、クラブワールドカップ出場試合数 2021/22

ハキム・ツィエクは今シーズン、クラブワールドカップで2試合とも出場し、スーパーカップ決勝では先発出場した。

ハキム・ツィエク得点数 2021/22

ハキム・ツィエクは2021/22シーズンにチェルシーで8ゴールを挙げ、その半分はプレミアリーグで、残りの4ゴールはチャンピオンズリーグ、FAカップ、スーパーカップで決めたものだった。