エヴァートンvsチェルシー – スタッツ

エヴァートンvsチェルシー – 直接対決

チェルシーはエヴァートン相手にリーグ・カップ戦合わせて73勝しており、これはどのチームより多い数字である。

チェルシーはエヴァートンに290点取られており、これはどのチームより多い数字である。

各チームの最多得点差勝利:

エヴァートン 6-0 チェルシー 1977/78

チェルシー 6-0 エヴァートン 1948/49

チェルシーのスタッツ

ブルーズは9月20日にリヴァプールに敗れて以来、リーグ・カップ戦合わせて18連続無敗を狙う。

リヴァプール戦で敗れて以来、リーグ戦9試合連続無敗(5勝4分け)で、これを上回るのはトッテナム(10試合)だけとなる。

今季未だ先制点を取ってからの敗戦はない。

オリヴィエ・ジルーは2001年10月のジミー・フロイド・ハッセルバインク以来、初めてスタメン出場試合6連続得点を狙う。成功すると最年長記録達成選手となる。

チェルシーはプレミアリーグの勝利数でアーセナルを抜いた。

エドゥアール・メンディは7試合中5試合でクリーンシートを達成し、プレミアリーグ・ゴールデングローブ賞の第一候補となっている。ウーゴ・ヨリスは11試合で5試合クリーンシートを記録している。

チェルシーの今季25点は13人の選手によるもので(オウンゴールを除く)、どのチームにも4以上の差をつけている。

記録

エヴァートン戦では以下の記録がかかる:

マテオ・コヴァチッチ – プレミアリーグスタメン出場50試合

ケパ・アリサバラガ – 全大会合わせて100試合出場

フランク・ランパードにとって監督としてリーグ戦50試合目となる。勝率は53%でユルゲン・クロップとペップ・グアルディオラのみが同じ試合数でより優れた成績を収めている。

クラスノダール戦でオリヴィエ・ジルーはリーグ・カップ戦合わせて通算100試合出場を果たし、エメルソンはスタメン出場50試合となった。

エヴァートンのスタッツ