Jessie Fleming scored two penalties to help Canada win gold at the Tokyo Olympics.

フレミングは、まず試合中に獲得したPKを決め同点に追いついた後、PK戦でも成功しスウェーデンに勝利した。

フレミングは、チェルシーの女子選手として初めて金メダルを獲得し、チェルシーの選手としては2人目のオリンピック王者となった。

チェルシーの選手で金メダルを獲得したのは、1912年に英国男子がオリンピックで優勝したときのビビアン・ウッドワードが最後だった。

スウェーデンは、マグダ・エリクソンが先発出場し、30分過ぎにリードを奪ったが、試合残り25分、カナダはクリスティン・シンクレアがボックス内で倒され、PKを獲得した。そして準決勝でアメリカとのPK戦を制したフレミングが再び登場し、元ブルーズのGKヘドヴィク・リンダールを破り1-1とした。

スウェーデンは残り15分でヨンナ・アンデションを含めた3人を交代出場させ、エリクソンをベンチに下げた。

しかし、90分間で勝負は決まらず、延長戦でも両チームは均衡を破ることができなかったため、決勝戦はPK戦での決着となった。

カナダはフレミングがまず一人目としてPKを決めた。

サドンデスではアンデションが失敗してしまい、最後にカナダが決めて史上初のオリンピックの栄光を手にした。

一方、サム・カー(オーストラリア)は木曜日の3位決定戦でアメリカと対戦した。

メーガン・ラピノーがアメリカに先制点をもたらした後、17分に同点に追いついたが、結果オーストラリアは4-3で敗れた。カーは、このゴールによりオーストラリア代表の歴代最多得点者となった。

この大会に参加した選手の皆さん、お疲れ様でした!ブルーズの選手たちがコブハムに戻ってくることを楽しみにしています!