ウェスレイ・フォファナは、本日レスター・シティからの移籍を完了し、ブルーズとの7年契約にサインし、チェルシーの選手となった。

プレミアリーグで最も評価の高い若手選手の一人であるフォファナは、この夏の初めに獲得したカリドゥ・クリバリとマルク・ククレラに続き、2022/23シーズンに向けてトーマス・トゥヘル監督のディフェンスをさらに強化するために獲得した。

契約を完了したフォファナは、「この2日間は私にとって本当に大きな日であり、とても幸せだ。今朝はチームと一緒にトレーニングを行ったが、私にとっては夢のような時間だ。ファンやクラブのために試合に出られることをとてもうれしく思う」

「僕はチャンピオンズ・リーグ、プレミア・リーグ、FAカップ、カラバオカップ、すべてにおいてトロフィーを獲得するためにここに来たんだ。私は勝つためにここに来たし、クラブはトロフィーを獲得するために作られているから、それを継続するためにここにいるんだ」と述べた。

母国フランスのサンテティエンヌで頭角を現した21歳は、イングランドのレスターで2シーズン活躍し、最も有望なオールラウンド・ディフェンダーの一人として、その資質をさらに高めている。

プレミア・リーグデビューとなった2020/21シーズンにはフォックスの年間最優秀若手選手に選ばれ、同シーズンのFAカップ決勝のチェルシー戦でレスターがトロフィーを初制覇するなど、これまでのイングランドでのベストパフォーマンスの1つである。

昨シーズンは負傷のため一部欠場したが、復帰後はすぐに調子を取り戻し、レスターがヨーロッパ大会に唯一出場したヨーロッパ・カンファレンスリーグ準決勝に進出した際、主役となった。

チェルシーのトッド・ベーリー会長は、「ウェスレイは、若くしてすでにプレミアリーグでその資質を証明している、非常に将来性の高いディフェンダーだ。ヨーロッパで最もエキサイティングな才能を持つ選手をチェルシーに迎え入れることができ、今シーズンだけでなく、これから先もチームのこの部分をさらに強化できることを嬉しく思う」と語った。

共同経営者であるベフダド・エグバリとホセ・E・フェリシアーノは、「我々はチェルシーの成功と長期的な明るい未来のために建設を続けており、ウェスレイは我々のビジョンに完全に合致している。彼は、すぐにチームにインパクトを与えることができる選手であり、また、彼の年齢からすれば、今後さらに向上していくことだろう。彼がチェルシーで何を成し遂げるか、期待しています」と述べた。

チェルシーへようこそ、ウェスレイ!