ラヒーム・スターリング、メイソン・マウント、リース・ジェイムズ、ベン・チルウェルが、ワールドカップ前の最後の国際試合に臨むガレス・サウスゲート監督のイングランド代表メンバーに選ばれた。

スリーライオンズは、来週の金曜日にイタリアとのアウェイ戦、翌週の月曜日にはウェンブリーでドイツとの対戦と、ネーションズリーグの最後の2試合を戦います。

サウスゲイト監督率いるチイングランドは、開幕4試合で1勝もできず、グループA3の最下位に沈んでいる。

スターリングは77試合に出場をし、直近ではサウスゲイト監督の下で50試合目を迎えた。チェルシーのフォワードは母国代表として19ゴールを挙げており、17ゴールは元ミドルズブラのボスの下で獲得したものだ。

マウントはイングランド代表として31試合に出場し、4得点を記録している。ジェイムズは同国代表として13回プレーしており、17キャップを持つチルウェルは、イングランドがサンマリノを10-0で下した2021年11月以来、イングランド代表としてのプレーはない。

10月11日(火)にチャンピオンズリーグでブルースの舞台となるこのスタジアムは、ミラノのサン・シーロでイタリアと対戦する際、ブルースがチェルシーのジョルジーニョと対戦する可能性を持っているのである。

ドイツはカイ・ハーヴァーツを選出した。

国際大会の全試合、シニア・ユースレベルの全試合の詳細については、全選手が確定次第、記事を掲載する予定です。