フランク・ランパードは先週末に続き、ロンドンの大きなライバルスタジアムの1つにて、応援に駆けつけたサポーターの前で勝利を祝った。

トッテナム戦とアーセナル戦では、全く違った展開となった。今日のアーセナルとの試合では、先制を許した後、ジョルジーニョとタミー・エイブラハムのゴールによって逆転することに成功。ランパードは、トッテナム戦とは異なった意思が必要だったと話している。

ランパードは、前半30分すぎに3バックから4バックに変え、ジョルジーニョを投入するという策を取ったが、決して送り出したスタメンが間違っていたとは思っていないと話した。

「先週のトッテナム戦のようにプレーしようとしたが、立ち上がり30分で、4バックの方が良いのではないかと感じた。」ランパードは指摘する。「自分たちにとって、立ち上がりに欠けていたのは戦術的なことではなく、メンタル面や戦う姿勢であった。アーセナルの方が速く、勇敢で、自分たちは、ナーバスになっており、勢いが足りていなかった」

「自分が決定的な変更を行ったと言われるかもしれないが、前半開始10分で変更を加えることはできた。エメルソンを交代させるだけではなくて、全ての選手のタスクを少しずつ変更させることもね。あのようなスタジアムの雰囲気と観客の声によって、指示だけでは意図を伝えるのは難しいため、時にはジェスチャーを使う必要があるんだ」

「自分たちの変更は良い方向に傾いた。ミケル・アルテタ(アーセナルの新監督)は非常に優れた戦術眼を持っている。トッテナム戦を分析し、DF5枚に対して選手を当ててきた。自分たちは3バックで1枚のFWをマークしている状況で、相手は中盤に多くの選手を割いていた。セカンドボールを拾われていたから、そこを修正する必要があった」

マッチレポート:アーセナル 1-2 チェルシー

ランパードは強い意思を示した逆転だと話したものの、次のようにもコメント:

「今シーズンの現状から、自分たちの精神は十分だとは言えない。このレベルとこの雰囲気の中で前半はそれが足りていなかっが、後半には、それを持っていた。その違いが結果にも表れている。自分たちの伸び代を示しているし、なによりも試合に勝ったことが選手たちへの大きなメッセージになるだろう」

「自分たちは最後まできらさずにやり続けた。戦い、相手を押し込み続けるという意思が、後半ほとんどゲームをコントロールできたことにつながった。ただ、自分たちの問題は得点力不足にある。ホームではいつも試合をコントロールしているが、ゴールを決めることができていない。同点弾はアーセナルのミスによるものだった。逆転ゴールの場面ではウィリアンとタミーがエネルギーを振り絞ってくれたね」

1-0のビハインドで迎えたハーフタイムで、ランパードが選手に伝えたことは…

「11人が大人しくプレーすることは望んでいないと伝えたよ。勝つか負けるか引き分けるかよりも後半に向けてどのように変われるかを見たい。何かを見せつけてやらないと。自分たちはチェルシーだ。スタジアムに来て試合を観てくれるファンの思いを感じ、戦わなければならない。それから選手たちは自分たちのことについて話し合い始めた。積極的にね。とても大事なことだと思うよ」「それから後半での修正は望んでいるものだったね。最近はその重要性について問われていた。アウェイのエヴァートン戦はまさにそうだったね。エヴァートンは新しい監督になり、チームの雰囲気が変わっていたが、自分たちはそれに対してなにも変えられなかった。試合後のドレッシングルームはとても静かであったし、自分はそれが好きではないよ。他のいくつかのホームゲームでも足りないところがあった」

「これはターニングポイントではない。前に進むだけでなく、異なった戦い方でも勝てることを示したからね。トッテナム戦では、試合を通して良い試合運びをして勝つことができたが、今日は闘う精神が勝利を呼び込んだ。これらを組み合わせれば、自分たちはもっと良くなるはずだよ」

ランパードは19歳のタリク・ランプティを後半序盤に投入した…

「タリク・ランプティは、ジョディ・モリスとジョー・エドワーズの功績だよ」ランパードは言う。「セサル・アスピリクエタは軽い痛みを抱えていたし、リース・ジェイムズも離脱中という状況では、右サイドバックや右ウィングバックの選手が必要だからね」

「ジョディやジョーは、タリクを信頼してほしいと言ったんだ。彼らもそうだったし、だから自分も信頼した。あの時間帯は適切だと思ったし、タリクが入ってチームも活性化したからね」

「彼はスピードがあり、重心も低い。自分がジョディに聞いたのは、ランプティがこの状況に対処する力と個性があるかということだった。彼に託すにはあまりにも重荷すぎたかもしれないが、ジョディはなにも問題ないと言ったんだ。タミーへスルーパスを出したシーンがそれを証明しているよ。フレッシュさを生かして、思い切りの良いプレーをしてくれたと思う」