フランク・ランパードがチームのけが人についてコメント...

土曜日のスタンフォードブリッジで行われるブライトン戦に向けコブハムで記者会見を行ったランパードは、5人の選手に言及した。

まずはリュディガーについて

「トニは鼠径部に怪我をして、その回復途中だ。元々怪我をしていた膝の怪我ではない」とコメントしたランパード。

「まだ痛みがあるから、チームとして他の選択肢を考えないといけない。長い離脱はしてほしくないが、いつ復帰するかはまだ分からない」

前半に負傷交代をしたアンドレアス・クリステンセンについてはいい情報が

「アンドレアスは大丈夫だ。週の後半からすでにチームとのトレーニングに復帰している」

「少し痛みは感じているが、プレーできないほどではないと思っている。復帰予定だ」

病気のため2試合に欠場したオリヴィエ・ジルーだったが、現在は復帰

「かなりひどい病気だったから彼にとっては苦しかったと思う。それでも今週は強度を持ってできているね。明日出場できるかはこれからチェックする」'

長期離脱しているルベン・ロフタス=チークとエメルソン・パルミエリについて

「エメルソンは10月の代表戦ウィーク明けに復帰するだろう」

「ルベンについて、復帰時期は未定だが、外でゆっくりとジョギングを始めた。進歩だね。これから数週間様子を見たいと思う」

記事:ランパードが若手選手、そしてプリシッチについて語る