セサル・アスピリクエタは、チェルシーが失点の増加により自信を失っており、プレミアリーグで上位に食い込むために必要な安定したプレーができていないと述べた。

木曜日の夜、エヴァートンと1-1で引き分けたチェルシーは、これでホーム4試合中3回勝ち点を落としてしまった。

この試合では、ジョーダン・ピックフォードのゴールを攻め続け、70分にメイソン・マウントがゴールを決めたが、その後すぐにトフィーの反撃に遭い、トーマス・トゥヘル監督率いるチームは勝ち点3を得ることができなかった。

試合後、キャプテンはまたもや厳しい結果となり、首位のマンチェスター・シティに勝ち点4差をつけられてしまったことについて、自身の評価を述べた。

「最近勝ち点を落とし続けているから、残念だし、悔しいよ。」

「チャンスを作りながら、相手のほぼ最初のチャンスで失点してしまった。チームとしてクリーンシートを保つこと、一緒にディフェンスすることがいかに重要かは分かっている。もちろん、大量に失点すれば、自信がなくなり、そう簡単にはいかなくなる。」

開幕から10試合、わずか3回しか失点しなかったチェルシーが、ここ7試合で9失点もしている。アスピリクエタは、この違いが最近の調子の悪さと自信喪失を説明していると感じている。

「チェルシーは守備的なチームではないけど、もちろん、目標を達成したいのなら、失点は少なくしなければならない。」

「プレミアリーグのタイトルを争うには、この2チーム(マン・シティとリヴァプール)がいかに安定しているかを示している以上、勝ち点を落とすわけにはいかないんだ。より難しくなるがけど、まだ長い道のりがある。」