今朝、コブハムでは、ベン・チルウェルがチェルシーのチームトレーニングに参加し、長期離脱中の怪我から回復したことを歓迎する光景が見られた。

11月のチャンピオンズリーグ、ユベントス戦(スタンフォード・ブリッジ)で膝を痛めたイングランド代表は、それ以来トーマス・トゥヘル監督が率いるブルーズではプレーをしていない。

チルウェルは10月中、3試合連続でゴールを決めるなど、好調なスタートを切っていただけに、DFにとっては非常に不運なタイミングでの出来事となった。

左ウイングバックのチルウェルはここ数週間、チェルシーのユースチームの練習に参加していたが、このたびトップチームの練習に復帰し、リハビリの次のステップを踏み出した。

アーセナルがニューカッスル・ユナイテッドに敗れたため、チャンピオンズリーグ出場権獲得が決定したブルーズは、ホームでレスター・シティとワトフォードとのプレミアリーグ2試合を残してシーズンを終える。

チルウェルは、チームメイトのクリスチャン・プリシッチ、ジョルジーニョ、マルコス・アロンソ、ハキム・ツィエク、そしてイングランドのチームメイトのリース・ジェームズ、メイソン・マウント、ルーベン・ロフタス=チークと一緒に参加しました。

今朝のサリーの日差しの中でのセッションのベスト画像は、下記をチェックしよう。