トーマス・トゥヘル監督からオフを与えられたチェルシーの選手たちが1週間ぶりにコブハムに戻りトレーニングを再開した。

1月は3つの大会で合計7試合をこなしたブルーズ。代表戦によるブレークによって、この期間に休養と充電の機会が与えられた。

チェルシーは今週土曜日、FAカップでホームのブリッジにリーグ1のプリマス・アーガイルを迎え、その直後にクラブ史上2度目となるクラブワールドカップに出場するためアブダビに飛び立つ。

先月、多くの試合に欠場したDFのアンドレアス・クリステンセンとトレヴォ・チャロバーは、メイソン・マウント、マテオ・コヴァチッチ、そしてキャプテンのセサル・アスピリクエタと共に、トレーニングに完全復帰した。エドゥアール・メンディは明日のアフリカネイションズカップ準決勝に臨みし、チアゴ・シウバとクリスチャン・プリシッチはそれぞれブラジル、アメリカの代表としてアウェー戦に臨む。

昨日の晴天に恵まれたコブハムのセッションの画像集はこちら: