セサル・アスピリクエタ、リース・ジェイムズ、カラム・ハドソン=オドイは、今日の午後、チームトレーニングに戻り、チャンピオンズリーグのリール遠征に向けた準備を進めた。

トーマス・トゥヘル率いるチームは、3週間前にスタンフォード・ブリッジでカイ・ハフェルツとクリスチャン・プリシッチが決めたゴールにより、ベスト16の1stレグを2-0でリードしている。

フランス北部への移動に先立ち、欧州チャンピオンたちはサリーのトレーニングセンターで最後のトレーニングを行い、多くの復帰組が参加した。オープニングは、公式ウェブサイトとThe 5th Standアプリでライブ配信され、選手たちは、軽いランニングを行った後、より穏やかなボールワークを行っていた。

トゥヘル監督は試合前の記者会見で、アスピリクエタとマルコス・アロンソがピエール・マウロワ・スタジアムで「先発できる」状態であることを明らかにした。一方、ハドソン=オドイとジェイムズは、トゥヘル監督によれば「非常に厳しい競争」に直面することになる。

本日のトレーニングの写真をチェック!