今週末のプレミアリーグ再開に向けて、代表に召集されていた選手の多くがコブハムに戻ってきた。

ロメル・ルカク、マテオ・コヴァチッチ、アンドレアス・クリステンセン、リース・ジェイムズ、エドゥアール・メンディらは、それぞれの代表チームでミッドウィークにプレーした後、サリーのトレーニング場に戻ってきた。

ベルギーがチェコに勝利した試合後、ルカクは太ももに痛みがあると語っていたが、昨日の練習には問題なく参加した。土曜日の夜に行われるアストンヴィラ戦に向けての最後のセッションに参加したルカクは、違和感なくプレーしていた。

この日は、アトレティコ・マドリードから期限付き移籍してきたサウール・ニゲスが、新しいチームメイトと初めて顔を合わせる機会でもあった。

いつものようにクラブのフォトグラファーがトレーニングセッションのベストショットを撮影してくれた。