コロナウイルスのテストで陰性となったロメル・ルカクとカラム・ハドソン=オドイの2人、そして背中の怪我で離脱していたアンドレアス・クリステンセンが昨日の朝、トレーニングに復帰した。

チェルシーは今週末のボクシング・デーにアストンヴィラと対戦するため、2週連続でウェスト・ミッドランドへ向かう。複数の主力選手の復帰は、トーマス・トゥヘル監督にとって大きな追い風となるだろう。

水曜夜のブレントフォード戦に2-0で勝利したチェルシーは、昨日もコブハムで練習に励んだ。

メイソン・マウント、エンゴロ・ゴロー・カンテ、リース・ジェイムズなど、カップ戦の勝利で交代出場した選手たちは、クリスマスのスケジュールに向けて元気にトレーニングに励み、また、トップチームの選手たちが数人欠ける中、育成チームの選手たちも再びトレーニングをこなした。

肌寒いコブハムでのトレーニング風景: