週半ばにプレミアリーグ50試合出場を果たしたカイ・ハフェルツが、コブハムで独占インタビューに応じ、この記録に加え、ジョルジーニョとのピッチ上でのパートナーシップ、そしてロンドンのライバルとの対戦について話してくれた...

水曜日のアーセナルとのダービーで3度目のビハインドを負った直後に投入されたハフェルツは、チェルシーの逆転劇を演出することはできなかったが、バイヤー・レバークーゼンでのブンデスリーガ118試合出場に加え、イングランドでのリーグ戦50試合出場を記録した。

2016年10月のデビュー以来、リーグ・カップ戦合わせてで236試合に出場しており、夏に23歳になる選手にとって、これは印象的な数字だ。チェルシーに在籍している間、すべてが順風満帆だったわけではなく、特に初期の頃はハフェルツがプレミアリーグとイングランドサッカー特有の要求に適応するために大変だったようである。

ハフェルツは、試合の激しさ、ピッチのより広い範囲をカバーする必要性、そして以前よりもスピードを重視することについてよく語っていたが、ここ数週間、ゴールやアシストという点で、ブルーズのキャリアにおいて最も輝かしい時期の一つを過ごしている彼のプレーを、指揮官トーマス・トゥヘルは特に高く評価している。

ハフェルツは今、イングランドでのサッカー生活にも、フィールド外での生活にも馴染んでいるようだ。

今週、チェルシーの公式サイトのインタビューで、「すべてがあっという間だった」と告白している。「2年前にここに来て、できるだけ多くの試合に出たいと思っていたから、満足しているけど、これからもっと多くの試合に出られるといいな。」

「以前プレーしていたリーグとは全く違うけど、非常に密度の濃いサッカーで、対戦相手も常にアグレッシブなことは想定していた。リーグのレベルは非常に高いから、勇気を持ってプレーしなければならない。」

「今はとても落ち着いていて、いい感じだよ。来たばかりの頃は当初は大変だったけど、半年から1年くらいで順応してきた。時間がかかることは前からわかっていたけれど、この2年間を振り返って今は満足しているよ。」

ハフェルツがチェルシーでのこれまでのキャリアと、ポルトでのチャンピオンズリーグ優勝、そしてクラブでの好調な2シーズン目を満喫していることに満足していると語るのは当然のことだろう。

昨シーズンはリーグ・カップ戦合わせてゴールへの関与は9回だけだったのが、2021/22シーズンはここまで13回となり、そのうち9回はプレミアリーグでのもので、そのほとんどがチームメイトではなく自分自身のゴールであった。これは、ピッチ上の新しい役割を考えれば驚くことではない。

PKを除くと、リーグ戦でのゴール期待値とアシスト数で彼を上回っているのはメイソン・マウントだけで、またハフェルツはシュート数、枠内へのシュート数でもチーム2位につけている。しかし、このドイツ人選手のキャリアには、ゴールとアシストの多くがシーズン後半、ドイツではルックルンデと呼ばれる時期に生まれるというパターンも存在し、チェルシーでのゴールの約3分の2、バイエル・レバークーゼンでのゴールの71パーセントがクリスマス以降に生まれている。

その傾向については、「知ってはいるけど、正直なところなぜかはわからない」と答える。「シーズンの後半戦が前半戦よりも良いというのは、いつもそうだったから、自覚はあるんだ。」

「来シーズンは前半戦でもっとゴールやアシストができることを願うよ。」

ポルトでのCL決勝戦での決勝ゴールや、レアル・マドリードとのホームでの対戦でジョルジーニョの絶妙なパスから決めたゴールなど、ビッグマッチで彼がその得点能力を発揮することに対してチェルシーファンが不満を抱くことはないだろう。

この2人の関係は、先月のニューカッスル・ユナイテッド戦で後半に勝利を収めたことを筆頭に、ここ数週間でさらに発展してきており、ハフェルツはクリエイターとしてのイタリア人の存在に賛辞を送っている。

「彼が獲得できるトロフィーのほとんどを獲得したことはみんな知っているし、自分にとって彼は一緒にプレーした中で最高の選手の一人だよ。彼のプレースタイルが好きだし、彼がボールを持ったときに何をしたいのか、いつもわかるんだ。」

「ストライカーやミッドフィルダーにとって、自分の後ろに誰かがいて、その人が何をしようとしているのかがわかるというのはとても重要なことなんだ。彼のプレーを見るのも、彼のそばでプレーするのも大好きだよ。」

今日の午後、ブリッジで行われるウェストハム戦はロンドンダービー3連戦の最終戦となる。ハフェルツは、同じ街に他のチームがいなかったレバークーゼンではほとんど経験しなかった地元のライバル関係を楽しんでいる。

「最高だよ。もちろん、リヴァプールやマンUと対戦するのも厳しいけど、特にここロンドンでは、どのクラブ間でもライバルが多いから、同じレベルに感じるよ。」

「ロンドンにクラブがたくさんあるのはいいことだ。ダービーはいつもいい試合だし、今回はホームでプレーできるのもいいし、自分らの背中を押してくれる。自分はいつもビッグマッチをプレーするのが好きだし、みんなも楽しんでいると思うよ。」

週半ばにアーセナルに敗れたため、ブルーズは後続とのポイント差はわずか2となって(2試合を残しているとはいえ)、ウェストハムにもまだトップ4入りの可能性があるため、今日の試合の重要性は少々高くなっている。

トゥヘル監督と彼の選手たちにとって、今シーズンはホームで順調に勝ち点を獲得することが難しく、現在ホームでの成績がリーグ9位となっているブルーズは、シーズン終盤にこの流れを変えたいところだろう。しかし、ハフェルツは来週ヨーロッパリーグ準決勝に臨む東ロンドンのライバルとの対戦を甘く見てはいない。

「水曜日に見せた以上の強さをファンに証明したい。今はほとんどすべての試合が決勝戦のようなものだ。プレミアリーグで試合に勝ち、ポイントを獲得しなければならないし、そうすれば自分たちの目標も達成できる。」

「ウェストハムはとてもタフな相手だ。とてもフィジカルなチームだし、スペースも解決策もあまり見つからない。スペースがあるときは、それを使ってチャンスを作らなくてはならない。」

解決策を見つけることは、今好調なハフェルツが得意としていることであり、彼はもう一度、地元の人々を喜ばせるために勝負を決めるプレーを見せたいと思っているはずだ。」