カイ・ハフェルツは大陸の舞台で再びチームに大きな貢献ができたことを喜んでおり、日曜日にさらなるトロフィーを獲得することを狙っている。

ハフェルツはリール戦の8分に先制点を決めた。チームはトップギアには乗らなかったものの、来月のフランスでの第2戦に向け、2点のリードを確保するプロフェッショナルなパフォーマンスを披露した。

今月上旬のクラブワールドカップで決めたPK、そしてもちろん昨シーズンのこの大会の決勝戦でもゴールを決めたハフェルツは、1トップとしてチェルシーのラインをリードしながら、試合にポジティブなインパクトを与えることができたと満足しているようだった。

「プレミアリーグの試合でも、運があるときもあればないときもあるけど、毎回ベストを尽くしている」と、勝利の後に語ったハフェルツ。

「チームには良いストライカーがたくさんいる。相手に楽をさせないために、変化をつけるのはいいことだ。今日はうまくいったし、どのポジションでも楽んでいる。」

「最高のサッカーができなかった」と、チーム全体について評価するハフェルツ。

「ハードだった。ここ3週間発揮してきたアグレッシブさが出せなかったから厳しかったけど、最終的に2-0で勝ったし、それが一番大事なことだ。」

今シーズンは多忙なスケジュールが続き、日曜日のカラバオカップ決勝までもほとんど考える暇がないだろう。

今季のリヴァプールとのリーグ戦2試合はどちらも引き分けだったが、8月に行われたアンフィールドでの対戦ではハフェルツがゴールを決めた。

「これからも進み続けなければならないし、日曜日には別の大会がある。」

「日曜日にまたトロフィーを獲得するチャンスがあるなんて、クレイジーだよ。タフなゲームになるだろう。みんな楽しみにしている。しっかりとプランを立てて、試合に勝つことを願ってるよ。」