今日の午後、レスター・シティがスタンフォードブリッジにやってくるのを前に、カイ・ハフェルツは、センターフォワードとしてプレーすることへの周囲の期待と、自信を取り戻すことの重要性について話した。

ハフェルツは、今シーズンのプレミアリーグ開幕3試合で、メイソン・マウントやラヒーム・スターリングとともに流動的な攻撃をリードし、2021/22シーズンにトーマス・トゥヘル監督に託された役割を再現している。

ハフェルツは昨シーズン、リーグ・カップ戦合わせて18ゴールに関与(13ゴール5アシスト)し、マウントに次ぐチーム2位の成績を収めたが、今シーズンの序盤はそうした決定的なインパクトを与えることに苦戦している。

実際、前線の3人はこれまでわずか1アシストしかしておらず、23歳の彼はこの数字を早く改善しなければならないことを認めつつ、彼のゲームには純粋な数字以上のものがあると注意を促している。

「自分はいろんなポジションでプレーしてきたし、前線で選手と密接な関係を築くのが好きなんだ。9番としてイングランドでプレーするのは難しいことだけど、この数ヶ月はうまくできたと思う。リーズ戦は良くなかったけど、一生懸命やっているし、できる限りのことはして、毎日良くなるように努力している。」

「若い選手で常に安定したプレーをするのは簡単ではないけど、今シーズンの目標は良いレベルで安定したプレーをすることだ。今は、ゴールを決めることとアシストをすることがすべてだけど、自分にとってサッカーはゴールやアシスト以上のものだから、それをピッチで見せたいんだ。」

「2試合も3試合も得点がないと批判されるのはわかっているし、プレッシャーも感じている。いい気分ではないけど、あそこで(ストライカーとして)プレーする以上、点を取らなければならないからね。」

「試合に出て、"今日は点を取るんだ "と思えるような自信を持ち、またその自信を持てるようなポジションでプレーしたいけど、それは努力と献身によってのみ得られるものだ。毎日それを心がけていれば、あとは自ずとついてくるだろう。」

スタンフォードブリッジでの2シーズン、良い時も悪い時もハフェルツを支えてきたのは、チームメイトやスタッフたちだった。バイヤー・レヴァークーゼンから移籍してきた若いドイツ人は、このような精神と一体感に驚き、今では成熟と若気の至りが完璧にブレンドされたグループへの移行を容易にしたと信じている。

「若い選手がビッグクラブに行くときは、いつも大変なんだ。ビッグプレーヤーがいて、そこに定着するのは難しいと思っていたから、不思議な感じだったよ。でも、チェルシーでの初日から、スタッフも選手もみんな仲が良くて、トレーニング施設に入ると本当に大家族のようだった。」

「ここに新しく来た選手はみんな同じように、とても良いグループで、ロッカールームでもみんな良い人ばかりだと言っている。また、既に多くの選手のことを知っていたことも大きなアドバンテージになった。」

「同世代の選手が多いからとてもやりやすかったし、今は本当に良い感じだよ。経験豊富な選手も多いし、若い選手もいるから完璧だよ。」

ポルトでの記念すべき決勝点を挙げたハフェルツは、最近のクラブ買収を含めチェルシーでのキャリアで多くの試練を経験している。

しかし彼は、先週末のリーズ・ユナイテッド戦の敗北とにもかかわらず、状況は再び好転していると感じており、チーム全体がまた成功したいと強い願望を持っていることが、すぐに立ち直れると考える理由だと述べている。

「この6ヶ月間は、ここにいる全員にとって厳しいものだった。多くの変化があったからね。今はまだチームとして完成していないから、ハングリー精神を持っていなければならない。」

「自分たちには大きな資質があり、今それを示す必要がある。みんなハングリーで、それがこのチームのいいところだ。」