チェルシーFC女子のボス、エマ・ヘイズは活躍により、バークレイズFA女子スーパーリーグの月間最優秀監督に選ばれた。

3月はヘイズのチームにとって完璧な月であり、WSLで行われた5つの試合にすべて勝利し、17ゴールという素晴らしい結果を残した。ブルースのボスは、アーセナルのヨナス・エイデヴァルやマンチェスター・シティのガレス・テイラーとの競争に打ち勝ちました。

ヴィタリティ女子FAカップとコンチネンタル・タイヤ・リーグ・カップの試合を含む7試合をこなしたブルースは、リーグ戦で最大ポイントを獲得し、今シーズン初めてWSLで首位に躍り出た。

3月は、レスター・シティとのアウェイ戦で9-0の大勝を収め、締めくくった。この試合は、WSL史上初めて試合開始10分間に4ゴールを挙げたチームであり、ヘイズのチームが終始優勢に試合を進めた。

4月17日(日)にアーセナルとバイタリティ女子FAカップの準決勝を戦い、ブルーズはインターナショナルブレークに入っています。

ヘイズのチームは、4月28日(木)にキングスメドウに戻り、WSLでトッテナム・ホットスパーを相手に戦います。スパーズ戦のチケット購入は,こちら 。