月曜日、ユーロ2020本戦を決定させたチームが続々と登場。ブルーズの選手たちは各々のチームに貢献してみせた。

今日のゲームに先駆けて、ユーロの本戦出場が決まっていたイタリア。しかし、パレルモで行われた一戦、イタリアは容赦なくアルメニアを9-1で粉砕した。フル出場を果たしたジョルジーニョはPKからチーム7得点目を奪い、5点目のアシストも記録。ローマのニコラス・ザニオーロとラツィオのチーロ・インモービレはそれぞれ2ゴールをマークした。

引き分け以上でユーロ2020が決まるデンマークはアイルランドとの一戦を1-1の同点で終えて本戦出場を決めた。一方、来夏の本戦への正規ルートが閉ざされたアイルランドは3月にプレーオフを戦う。

ダブリンで行われたアイルランド戦、アンドレアス・クリステンセンはベンチスタートとなった。しかし、クリステンセンが逃げ切りを図るためピッチに送り出された直後、デンマークはウルヴスのマッド・ドハーティに同点ゴールを許す。73分にはマルティン・ブライトバイテのゴールで先制点を奪ったデンマーク。試合終了間際にはクリステンセンがブロックを成功させ、デンマークはユーロ2020 本戦への切符を手にした。そのデンマークはスイスに続く2位でグループステージを突破している。

イタリアと同様にスペインもまた最終節に先駆けてグループ首位通過が決まっていた。イタリア程の大量得点勝利とはならなかったものの、スペインもゴールラッシュを記録。ケパ・アリサバラガはクリーンシート達成に貢献してみせた。ビジャレアルのジェラール・モレノの2ゴールを含み、スペインはマドリッドの地でルーマニアを相手に5発大勝を飾った。

U17ワールドカップ3位決定戦ではイアン・マートセン擁するオランダはフランスに3-1で敗れ、ワールドカップを4位で終えた。準決勝のメキシコ戦は1-1のまま勝敗が着かずPK戦に突入。PK戦の末、オランダは黒星を喫している。同大会はホスト国のブラジルが決勝でメキシコを2-1で下し、優勝トロフィーを掲げた。

月曜日、イングランドU18はスペインの地で3度目となるフレンドリーマッチを戦った。対戦相手はチェコ。直近2試合の打ち合いのゲームとは打って変わって、月曜日の試合はイングランドにとってタイトなものとなった。しかしこの日はチェルシーDFディネル・シメウにって有意義なものに。ディネル・シメウはクリーンシート達成に貢献。イングランドは1-0で白星を挙げた。