チェルシー所属のマーク・グエーイ、トレヴォ・チャロバーが代表に入ったイングランドU21代表が勝利を収めた一方、ベルギーのフル代表はミシー・バチュアイが出場せず。チームはスコットランド代表相手に大勝。

ベルギー代表はスコットランド代表相手に4-0で勝利、グループGのトップに立っている。ミシー・バチュアイはベンチ入りを果たしたものの、試合には出場せず。チームはロメロ・ルカク、トーマス・フェルメーレン、トビー・アルデルヴェイレルト、ケヴィン・デ・ブライネがそれぞれゴールを奪った。

マリオ・パサリッチはクロアチア代表のベンチに入ったが、出場せず。アゼルバイジャンと1-1の引き分けに終わった。パサリッチは今シーズンアタランタへとローンで修行中。マテオ・コヴァチッチは怪我のため今回招集されておらず。クロアチアは2位のハンガリーに1ポイント差でグループEの首位に立っている。

現在ドイツのRBライプツィヒにローン移籍中のイーサン・アンパドゥは試合に出場せず。ウェールズはベラルーシ相手に1-0で勝利。マンチェスター・ユナイテッドのダニエル・ジェームズが前半に決勝点を奪った。

グエーイとチャロバーはともにスタメン入り。U21ではすでにデビューを飾っていた。ユーロ予選のコソヴォ戦で2-0の勝利に貢献した。フィル・フォーデンが2得点を奪い、グエーイとチャロバーはDFラインでスタメン出場。

イングランド代表と同グループに入った攻撃的MFのアルマンド・ブロジャはアルバニアU21代表としてフル出場。しかしオーストリア代表に0-4と完敗。

タリック・ランプティはイングランドU20代表としておよそ60分間試合に出場。スイス代表を下している。ローン先のチャールトンで幸先の良いスタートを切ったコナー・ギャラガーはスイス戦には出場しなかった。

一方、クリントン・モラ、ティーノ・アンジョリンはイングランドU19代表で共にスタメン出場。しかし結果はドイツ代表に1-0で敗北を喫した。