ユーロ予選が行われ、イタリアとスペインは勝利、デンマークはアウェイで引き分けに終わっている。

グループJのイタリア代表は、フィンランド代表との首位対決。ジョルジーニョ、エメルソン・パルミエリはいずれも2試合連続となるスタメン出場。しかしエメルソンは開始わずか8分で負傷退場している。

先制は1時間の場面、ラツィオのチーロ・インモービレがゴール。しかしフィンランドも、ノリッチで好調を維持するテーム・プッキが残り18分、PKで同点弾を記録する。

それでも79分、今度はイタリアがPKを獲得しこれをジョルジーニョが決めて勝ち点3を手にした。これで予選は残り4試合、フィンランドと勝ち点6差をつけて首位に立っている。

記事 - イングランド代表デビューで夢を叶えたメイソン・マウント

一方のスペインはフェロー諸島に4-0の快勝。3日前のルーマニア代表戦ではファインセーブ連発で勝利に貢献したケパ・アリサバラガだったが、この日はダヴィド・デ・ヘアがゴールを守っている。

試合はヴァレンシアのロドリゴが前後半の頭にそれぞれゴールすると、終盤3分間でパコ・アルカセルが2得点を追加している。これでスペインはグループF全勝で勝ち点18、1-1でノルウェイ引き分けたスウェーデンとの勝ち点差を7に広げて首位を走る。

アンドレアス・クリステンセンも出場したデンマーク代表は、ジョージアとスコアレスドローに終わっている。

6月の顔合わせでは5-1で勝利していたデンマークだったが、この日は同じような結果を得るには至らなかった。

これでグループDはアイルランド代表。デンマークは勝ち点2差で2位、スイスはそれを勝ち点1差で追うが消化試合では1試合優位だ。

イングランドU18はヴァレンティノ・リヴラメントが主将を務め、ブラジルと1-1の引き分け。ルイス・ベイト、ダイネル・シメウはいずれも控えにとどまった。

レヴィ・コルウィルとサミュエル・イリン=ジュニアはイングランドU17代表でいずれもスタメン出場、シレーナ杯2戦2勝とした。ポーランドで行われたオーストリア戦を4-2で制し、火曜日の決勝進出を決めている。ハヴィエル・シモンズは後半から途中出場も、立て続けにイエローカードをもらい残り15分の場面で退場している。

オランダU20代表のフアン・カスティージョは90分フル出場、しかしドイツに2-1で敗れている。