アウェーでワールドカップ予選に臨んだロメル・ルカクとティモ・ヴェルナーの両者がそれぞれベルギーとドイツ代表で得点を決め、メイソン・マウントはハンガリー戦でアシストを記録した。

ベルギー代表で99試合出場となったルカクは、前後半に2-1、そして3-1となる得点を決めた。

最初のゴールは左足で、2点目は右足で相手をかわして決めた。ベルギーは5-2で勝利し、ルカクは74分までプレーし、ミシー・バチュアイは出場しなかった。

リヒテンシュタインでは、ハーフタイム直前にヴェルナーがパスを受けて素晴らしいゴールを決めた。

その後、ドイツはリードを広げるチャンスでレロイ・サネが2点目を決め、2-0の勝利に終わった。カイ・ハフェルツは60分間プレーし、トニ・リュディガーはサブメンバーとして起用されなかった。ドイツは予選でアルメニアとの勝ち点差を1に縮めた。

イングランドは敵地ブダペストでハンガリーを軽々と制した。後半10分にはマウントのアシストからラヒーム・スターリングが先制点を決めた。マウントは試合時間残り6分に3-0(ハリー・ケインとマグワイアの得点)の状態でベンチに下がった。

さらに、その後デクラン・ライスがロングシュートを決め、ホームチームのキーパーのミスもあり、イングランドが4-0で圧勝した。イングランドは、アンドラ、ポーランドとの対戦を控え、4試合で勝ち点12を獲得し、グループIの首位を維持している。

衝撃的だったのはフィレンツェでの試合で、ユーロ2020を制したイタリアがブルガリアと1-1で引き分けた。フェデリコ・キエーザが先制点を決めるも、ブルガリアが試合終了前に同点に追いついた。イタリアは最後まで果敢に攻めたが、結果は変わらなかった。ジョルジーニョはフル出場したが、エメルソンはロスタイムに交代した。

ブルーズで唯一敗戦となったのがストックホルムでスウェーデンに2-1で敗れたスペインだった。セサル・アスピリクエタが右サイドバックとして出場し、カルロス・ソレールが先制するものの、すぐに同点にされ、さらに後半の早い段階でスウェーデンが逆転した。スペインは同点に追いつこうと何度も試みたが無駄に終わり、グループBではスウェーデンが優位に立った。

木曜日には、U-19イングランド代表がイタリアを2-0で破り、ジュード・スーンサップ=ベルがイングランド代表の2点目を決めた。テディ・シャーマン=ロウとハーベイ・ヴェイルはともに先発出場した。