チェルシーのアンドレアス・クリステンセン、マテオ・コヴァチッチ、ビリー・ギルモアの3人は、ワールドカップ最終予選で自国の勝利に貢献し、国際舞台で活躍した。

クリステンセンは90分フル出場し、デンマークはトースハウンでスカンジナビアの隣国を破った。後半5分にヨナス・ウィンドが放った一撃で、デンマークは5戦5勝でグループFの首位に立った。

アンドレアスは終始堅実なプレーを見せ、重要なインターセプトを何度も成功させ、デンマークの成功に貢献した。

グループFでは、スコットランド代表のギルモアが注目を集めたが、ハムデン・パークでモルドバに1-0で勝利した際、73分で交代した。

今シーズン、プレミアリーグのノリッジシティにレンタル移籍しているMFは、スコットランドチームの中でも特に優れたパフォーマンスを発揮し、後半にはスティーブ・クラーク監督のチームに2点目をもたらすかと思われるチャンスもあった。

ギルモアは、交代で退くまでスコットランドのすべてのプレーの中心だった。クラークは、火曜日に行われるオーストリアとの大一番に向けて、このMFをフレッシュな状態に保ちたいと考えているに違いない。

一方、クロアチアはマテオ・コヴァチッチの活躍により、ブラチスラバでのスロバキア戦に勝利し、ロシアと勝ち点10で並び、グループHの首位に立った。

コヴァチッチは、ズラトコ・ダリッチ監督のもとで、中盤の深い位置でプレーし、ボールを巧みに操っていたが、残り6分でロヴロ・マイェルと交代した。

この交代の数分後、クロアチアは劇的な勝利を手にした。マルセロ・ブロゾヴィッチが25ヤードから見事なボレーシュートを決め、残り4分で勝利を決めたのだ。