Reece James and Carly Telford have been awarded PFA Community Champions trophies in recognition of their support of the Chelsea Foundation.

PFAコミュニティー・チャンピオンズ賞は選手がシーズン中に所属するクラブのコミュニティ活動に多大な貢献をしていることを認識してもらうことを目的としており、ジェームズとテルフォードはCobhamで賞を受け取りました。

チェルシーFC男子チームのディフェンダーであるジェイムズは、クラブの慈善活動への貢献が認められ、チェルシー財団から推薦を受けた。ジェイムズはコロナウイルスのパンデミックの際にも、恵まれない人々の食糧難を根絶するために募金活動を行うなど、地域社会で素晴らしいサポートを見せた。また、ジェイムズは西ロンドンの学校で食事を配る手伝いもしている。

この賞を受賞したジェイムズは次のように述べた。

「できるだけ人々に手を差し伸べようとした。この1年半苦しい時期を過ごした人が多くいた。多くの人が職を失い、食べ物を買うお金もなく、家を失った人もいて、大変な状況が続いている。自分としても彼らをサポートし、少しでも役に立てればと思っている。パンデミックが終わっても、仕事がなく、支払いができず、食べ物がない人たちがいる。彼らにとって状況はあまり変わっていない。これからもサポートし続けこのような状況を止めるために努力していきたい。」

チェルシー女子チームのゴールキーパー、カーリー・テルフォードはチェルシー財団のディグリープログラムの参加者を対象としたウェビナーなど、シーズン中のさまざまなイベントでサポートを行ったことが評価され、ノミネートされた。テルフォードは、自分のキャリアについて語り、女子サッカー界に携わりたいと考えている学生たちに刺激を与えた。

受賞にあたったテルフォードは次のように語った。

「選手としてピッチ外での活動もピッチ上のプレーと同様に重要になる。誰にとっても難しい一年だった。だから今コミュニティをサポートするのは非常に重要なことだ。チェルシー財団は素晴らしい活動内容で様々な人々をサポートしている。財団のイベントに参加しコミュニティをサポートできることを嬉しく思う。」