ジョルジーニョが、チェルシーの新ヘッドコーチにグレアム・ポッターが就任したことを歓迎し、前任者のトーマス・トゥヘルにも賛辞を贈った。

水曜日の夜、チェルシーはRBザルツブルクをスタンフォードブリッジに迎える。ポッターの初采配となるこの試合で、前ブライトン監督としては、チャンピオンズリーグ初勝利を果たしたいところだろう。

ジョルジーニョは、トゥヘル監督の時と同じくポッター監督が到着してからも監督と話をしたことを明かし、監督交代が行われた慌ただしい1週間を振り返った。

試合前の記者会見でジョルジーニョは、「誰もが知っているように、この1週間は多くのことが起こった。人生とは早いもので、物事はすぐに変わってしまうものだ」と語った

「彼(ポッター)と彼のスタッフたちと一緒に仕事ができるのが楽しみだ。最初の数日はいい感じで、とてもポジティブだよ。」

「トーマスとは本当に素晴らしい時間を過ごすことができたし、彼がチームのために、そしてクラブのためにしてくれたことすべてに感謝している。だけど、今は新監督とともに必死にやっているところだ。」

「新監督がチームに何をもたらしてくれるのか、そしてピッチ上で何を求めているのかをできるだけ早く理解するために、ミーティングで多くのことを話し合っている。」

「すでにここまで彼は非常によくやってくれているし、ポジティブな印象を与えてくれている。彼は、自分たちが何を心地よく感じているか、また、何を求めているかを聞いてきている。たくさんの情報が入り混じっているから、それらを理解し、お互いに助け合っていかなければならない。」

ポッターはまだ数日しか選手たちと一緒に仕事をしていないが、ジョルジーニョは、47歳のイギリス人がすでにグループにポジティブな印象を与えていることを認めている。

「彼は良い監督だ。ブライトンでもそれを証明しているし、この新しい挑戦は自分たちだけでなく、彼にとっても良いことだと思う」と付け加えた。

「いつものように、選手たちはチームとして周りを助けようとしているし、彼はこれから起こることに十分備えていると思う。」

「彼にとっては新しい経験になるだろうし、とても気に入ると思う。結局は結果が大事だし、この試合(ザルツブルク戦)で勝って、監督にとって素晴らしいスタートにして、みんなを良い気分にさせたいね!」