ジョルジーニョは、今シーズンの通算ゴールを7に伸ばし、チームが重要な勝ち点3を獲得したことで、試合後のインタビューでも笑顔を見せた。

後半の途中で得たPKを冷静に決めた。このゴールが決勝点となりスタンフォードブリッジで行われたレスター戦で2-1の勝利を収めた。

この勝利により、レスターを抜いて3位に浮上し、日曜日にアストン・ヴィラに勝てば、トップ4入りが確定するというシンプルな条件に辿り着いた。

ジョルジーニョは試合後、「大きな勝ち点3だった」と語った。「素晴らしい勝利だし、自分たちが望んでいた集中力を発揮できたのだから、この結果は当然だと思う。」

「多くのチャンスを作り、もっと得点があってもおかしくなかった。トップ4入りを目指す今のチームにとって、大きな勝ち点3を得ることができた。」

「土曜日(FAカップ決勝での敗北)の傷がまだ少し残っていたのは事実だ。決勝まで行ったら勝ちたいに決まっている。」

「トロフィーを持ち上げることができなかったのは、みんながっかりしているが、その気持ちは一旦横に置いておいて、次の試合に集中しなければならない。チームはそのことを、最初の1分間から本当に力強いパフォーマンスで示した。」

ジョルジーニョのゴールは、トニ・リュディガーが試合の流れを変えた後に生まれたもので、ジョルジーニョは7ゴールを挙げて今シーズンの最多得点を記録している。

両サイドのゴール前でチームに貢献できたこと、勝ち点3を獲得するために自分の役割を果たしたことに満足すると同時に、スタンフォードブリッジに集まった8,000人のチェルシーサポーターがもたらした影響についても言及している。

「得点できたことはとても嬉しかったし、チームの得点ランキングトップになれたことも本当に嬉しい。」

「チームにとってとても重要なゴールだった。私たちが強いチームであり、勝ち点3を獲得できたことは本当に嬉しい。PKを蹴るときは本当に集中していたし、チームのために得点できてとても嬉しい。」

「もちろん、サポーターが戻ってきてくれたことは素晴らしいことで、これこそがサッカーの醍醐味だと思う。チェルシーのサポーターからは雰囲気や情熱が伝わってきた。彼らが戻ってきて本当に良かった。」

「日曜日にはまたビッグゲームが待っている。アストン・ヴィラとの対戦は簡単ではありませんが、目標を達成するために何をすべきかはわかっている。」

「この試合がどれほど重要であるかはわかっている、今からそれまでにしっかり調整し、試合に向けて正しい準備をする。チェルシーはトップ4に入り、来季のチャンピオンズリーグに出場する必要がある。」