ジョルジーニョは、イタリアがUEFAネーションズリーグでの最近の好成績によって正しい道に戻ってきたと信じており、グループリーグを勝ち抜き、大会の決勝トーナメントに進出することでその事実を強調することを熱望している。

イタリアは、昨年のユーロ2020決勝でイングランドに勝利し、欧州王者となったが、12月のカタール・ワールドカップへの出場権は逃した。しかし、金曜日の夜に行われたネーションズリーグでイングランドに再び勝利し、彼らは回復への道を歩んでいるように見える。

グループA3では、すでにイングランドとドイツを破っているハンガリーとの決戦に臨み、もう1勝すれば首位通過と来夏の決勝トーナメント進出が決まる。(2-0でイタリアがハンガリーに勝利し首位突破決定)

「サン・シーロでのイングランド戦と同じように、謙虚にプレーし、何が何でも勝とうとする姿勢で臨まなければならない」とジョルジーニョはブダペストでの試合を前にメディアに語った。

「イングランドとの試合は、チームに大きなエネルギーを与えてくれた。1位通過のチャンスはあるし、それを掴めるかどうかは自分たち次第だけど、とても調子の良いチームと戦うことになる。」

「彼ら(ハンガリー)がドイツに勝利したことに驚きはなかった。本当によくやっているハンガリーに対して、謙虚さと敬意をもって準備しなければならない。」

チェルシーの同僚MFマテオ・コヴァチッチが2023年のネーションズリーグ決勝にクロアチア代表として進出するのをすでに見ているジョルジーニョは、野心と謙虚さの間でバランスをとりながらも、ユーロ2020でイタリアとともに味わった栄光を再現したいとも思っていると明かす。

「勝つことは常に素晴らしいことだけど、過去の敗北からも学ばなければならない。常に勝ちたいという精神が必要だし、代表チームでそれを行うのは素晴らしいことで、違った味わいがある。」

ジョルジーニョとイタリアが、今年のワールドカップを逃した失望から立ち直り、ヨーロッパの栄光へと導いた軌道に戻ろうと決意しているのは間違いなさそうだ。

しかし、30歳のジョルジーニョはワールドカップ・プレーオフでの痛い敗戦をこれからの復活の原動力にしており、金曜日にミラノで行われたイングランド戦での1-0の勝利が、ロベルト・マンチーニ監督のチームにとって大きな転機となるだろうと信じている。そして苦戦は必至だが、ハンガリー戦での勝利はイタリアにとって非常に価値があるだろう。

「ワールドカップ予選敗退後は苦しんだけど、イングランドとの試合は本当に自分たちを奮い立たせ、より多くのモチベーションを与えてくれた。私は過去の失敗や失望から学ぼうとしているし、それは監督が招集した選手たちに伝えていることでもある。」

「あの試合で何か違うものを感じ、それが確かに役に立った。再建のプロセスはすでに始まっていると思う。あとは、モチベーションと試合に勝ちたいという気持ちをもって、この道を進んでいくしかない。」

「グループリーグを勝ち抜くこのチャンスをものにできるかどうかは、自分たち次第。ハンガリーはタフな相手であることは証明されているし、地元の観客の熱い声援もあるだろう。」