エンゴロ・カンテは、チェルシーに移籍して以来、いくつもの素晴らしいゴールを決めてきたが、昨日のレスター戦での左足のシュートは、彼にとって最高のゴールのひとつだったようだ。

かつて所属していたクラブとの対戦であったことが、このゴールをさらに特別なものにした。シュートがゴールの隅に突き刺さった後、カンテは満面の笑みを浮かべた。

「いいゴールだったし、満足しているよ」と、この試合で抜群の活躍を見せたカンテは試合後に語った。

「リースのパスは予測していた。私にボールが渡った時、自分の前にはスペースがあった。ディフェンダーに向かって走りながらパスコースを探そうとしたが、シュートを打つスペースがあったから、思い切って打った。」

「レスターと対戦するのはいつも特別なことだ」と彼は付け加えた。

「インターナショナルブレイク後のチェルシーにとっては、勝利でリーグ戦に戻るために重要な試合だった。」試合のスタートがとても良かったから、得点できたこと、チームのパフォーマンスに満足している。」

カンテは、無失点を維持するために必要な「チームとしての努力」について述べた。

来週末のマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、リーグ戦12試合で9回目の勝利を収め、首位をキープしている。しかし、カンテはタイトル獲得の可能性について先走りすることなく、まだシーズンの3分の1も終わっていないことに触れた。

「シーズンは長い。まだシーズンの序盤にいる。毎週、毎週、試合に勝ちたいと思っているよ。それが私たちのやり方だ。何が起こるかわからない。でも、僕らはいい状態にあるし、続けていかなければならない。」

「シーズンの終わりに大きな成果を上げるためには、1試合ごとに努力する必要がある。プレミアリーグは本当に競争が激しい、私たちは前進し続け、努力し続けなければならないね。」