ヴァレンシア戦がチャンピオンズリーグ初出場となるケパ・アリサバラガが意気込みを語っている。

ヴァレンシアに所属する選手の中にはケパがスペイン代表でプレーするチームメイトも。監督のアルベルト・セラーデスはスペインU21代表で4年間監督を務め、フル代表でもアシスタントコーチの経験がある。

レアル・マドリッドとバルセロナでプレーしたマルセリーニョは先日、2年間指揮したヴァレンシアの監督を解任されている。ケパはこのことが相手に影響を与えることはないと話している。

「ヴァレンシアはいつだって手強いチームだ」24歳のケパは話す。

「今のヴァレンシアの状況はこのような試合を戦うにベストではないかもしれないけど、この状況が選手たちを奮い立たせることもある」

「ヴァレンシアはベストなパフォーマンスを見せるだろうね。相手のことはよく知っているし、優れた選手がいる」

「相手はコンパクトで守備力が高い。カウンターは相手の脅威だよ。もちろんワールドクラスの選手も揃えている」

ウルヴズ戦を勝利で飾ったブルーズ。ケパはチャンピオンズリーグで最高のスタートを切ろうとしている。

「自分たちは若いチームで、まだ9月だ。これから長い道のりが待っているけど、エネルギーを持って相手を圧倒したいね」

「多くの選手にとってはこれが初めてのチャンピオンズリーグだけど、このチャンスをずっと待っていたんだ。昨シーズンはチャンピオンズリーグ出場権のために1年間戦ってきた」

「チャンピオンズリーグの試合に駆けつけるファンたちやスタンフォードブリッジの雰囲気が待ちきれないよ」

昨シーズンよりも直接的にゴールへ迫る戦術をとる今シーズン。ケパはチェルシーの選手たちのクオリティを考えれば、失点を減らすことができると自信をのぞかせている。

「多くのゴールを決めているけど、未だクリーンシートはない。チームとしてクリーンシートを達成したいね。失点をしなければ試合に勝つことはもっと簡単だよ」

「ハードワークを続ければクリーンシートも達成できるはずだ。チームとしてクオリティは高いし、それは守備でも同じだよ」

「選手たちは皆自信を持っている。成長する必要があし、自分たちはまだ始まったばかり。新たなチームで新たな監督、道のりは長いよ」

「経験は少ないかもしれないけど、試合を重ねるごとにそれは大きくなる」

「今シーズンはアカデミー出身の選手が活躍している。ファンにとってもアカデミーの選手のプレーを見るのは嬉しいだろうね」

「このチームには未来がある。もちろん今を無視することもできないけど、今だってインパクトの強いチームだよ。強いチームだと思う」

ランパードがCLの目標、リュディガーに言及