モリニュー・スタジアムでウルヴスに勝利した土曜日の試合、各ポジションごとのプレイヤーの数値を見ていこう。

チェルシーは6回の枠内シュートを放ち、5ゴールを記録。枠外シュートは7本でブロックされた本数は2本。

タミー・エイブラハムは4本のシュートを記録し、3ゴールをマーク。途中出場したミシー・バチュアイは20分間で4本のシュートを放った。

ウルヴスは11本のシュートを記録。枠内シュートは4本であった。

エイブラハムは空中戦に7回勝利した。2この数字は2番に続くマルコス・アロンソ、アンドレアス・クリステンセンよりも4回多い。エイブラハムの空中戦での勝率は70%を超え。

チェルシーは支配率54.7%を記録。ジョルジーニョは最多の支配率を記録(6.7%)。これに続くのがフィカヨ・トモリ(6.6%)。続くタッチ数でもジョルジーニョとトモリは高い数値を記録。トモリが88回、ジョルジーニョが83回。

またその2人はパス本数とパス成功数でも輝いていた。ジョルジーニョは70本のうち62本を成功。トモリは69本のうち58本を成功させた。

キーパスの数はジョルジーニョとメイソン・マウントが3本を記録。この数値を上回ったのはウルヴスのジョアン・モウティーニョだけである。ロス・バークリーは25分間で2本のキーパスを記録。

土曜日の試合、チェルシーはチーム全体で85%のパス成功率を記録。対して、ホームのウルヴスは78%。マテオ・コヴァチッチはチーム最多のパス成功率94%を記録した。これに続くのがクリステンセン(91%)

チェルシーはパス本数と支配率の両方においてウルヴスを上回った。

パスにおいて輝いた数値を記録したジョルジーニョはタックル回数においても最多の4回。

両チーム最多のクリア回数8回を記録したのはクリステンセン。これは2番目に続く選手の数値の2倍当たる。一方のトモリは最多のインターセプト数8回を記録。