チェルシーは今週末、エヴァートンとの対戦で、クラブ史上最も早いリーグ戦のスタートを切ることになる。

ワールドカップがカタールで開催される11月と12月には6週間の中断が予定されており、今年のプレミアリーグは少し早めとなる8月の最初の週末に開幕戦が行われる。

つまり、チェルシーがグディソン・パークを訪れる8月6日のティータイムのキックオフは、これまで最も早い開幕戦より1日早く、8月10日までに行われた試合としても史上5試合目となるの。

ここでは、それら5試合を詳しく振り返ってみよう!

1999年8月7日 サンダーランド

1992年の創設以来、プレミアリーグは通常8月の第2、第3週末に開幕してきた。しかし、1999/2000にはチャンピオンズリーグがグループステージを2つに拡大し、翌年には欧州選手権が開催されたため、20世紀最後の年は開幕戦が前倒しされるようになった。

1999年8月7日の輝かしい土曜日の午後、ブルーズはスタンフォードブリッジで、前シーズンに勝ち点105という記録的な強さで1部リーグからの昇格を果たしたサンダーランドを相手に見事なパフォーマンスを披露し、新シーズンをスタートさせた。

ジャンフランコ・ゾラとトーレ・アンドレ・フローのゴール、そして後にサンダーランドの監督となるグスタボ・ポジェのオーバーヘッドを含む3点により、4-0の完勝を収めた。

2015年8月8日 スウォンジー・シティ

16年後の8月8日、前シーズンのプレミアリーグを終始リードし、楽観的な空気の中でキャンペーンをキックオフしたブルーズ。

しかし、ホーム開幕戦となったスウォンジー戦では、残念ながら計画通りにはいかなかった。ハーフタイムにはオスカルのフリーキックからの得点とウィリアンのゴールで2-1とリードしたものの、その後、ティボー・クルトワがバフェティンビ・ゴミスへのファウルで退場となり、そのPKで失点した。

10人のチェルシーメンバーは1点を守り抜いたが、ブリッジでの苦戦を予感させるものであった。チェルシーは、このシーズンはホームでわずか5勝しかできず、10位でフィニッシュした。

1998年8月9日 コヴェントリー・シティ

1997/98シーズン開幕時、チェルシーは26年間待ち続けたFAカップ優勝を成し遂げ、さらに上を目指そうとしていた。しかし、最も苦手とするアウェーチームの一つであるコヴェントリ相手に残念な結果となり、真のリーグ優勝候補となるにはまだ課題が残されていることが明らかになった。

ハイフィールド・ロードには、プレミアリーグで9回訪れていたが、1勝しか挙げていなかったチェルシー。この日は、フランク・シンクレアが素晴らしい個人技からネットを揺らし、トーレ・アンドレ・フロがデビュー戦でゴールを決めて2度リードしたものの、残り7分の2点を含むディオン・ダブリンのハットトリックにより、コヴェントリーが3-2で勝利した。

1969年8月9日 リヴァプール

翌年の夏にメキシコで開催されるワールドカップの防衛を狙っていたイングランドは、1969年のシーズン開幕を通常より早く迎えたが、デーブ・セクストン率いるチェルシーが新キャンペーンのスタートを切るのは難しいように思われた。

ブルーズは1935年以来、アンフィールドでのリーグ戦に勝ったことがなく、この日もイアン・セント・ジョンの2得点でレッズが4-1で勝利し、チェルシーはイアン・ハッチンソンが1点だけ返すという屈辱的な試合となった。

その後、リーグ戦の最初の9試合で1勝しかできなかったブルーズだったが、シーズンが進むにつれて調子を取り戻し、リーグ戦で3位となり、FAカップも初めて手にすることができた。