カリドゥ・クリバリが今夏チェルシーに加入する2人目の選手となった。 ナポリからやってきたDFのクリバリは、スタンフォードブリッジで4年契約を結んだ。

トニ・リュディガーとアンドレアス・クリステンセンが退団した今、エドゥアール・メンディの代表でのチームメイトであるクリバリは、ディフェンスの重要な役割を果たすことになる。世界最高のセンターバックの一人として知られるセネガル出身のカリドゥは、現代のエリートディフェンダーに必要な要素をすべて備えている。ゲームを読む能力に優れ、ゴールを狙うだけでなく、ボールをもってプレーすることにも、攻撃の起点となるパスにも長けている。ナポリでの8年間、3バック、4バックの両方でプレーしてきた。

セネガル代表のキャプテンであるクリバリは、天性のリーダーであり、強い個性を備えている。国内外でのタイトル争いの経験が豊富で、2022/23のキャンペーンを前にしてブルーズに加入し、その目標を達成することを目指している。

「このチームに来ることができてとても幸せだ!」と語るクリバリ。「世界最高峰のビッグクラブだし、ずっとプレミアリーグでプレーするが夢だった。2016年にチェルシーが最初に獲得に向けて動いたけど、契約には至らなかった 。今回チェルシーがオファーをくれて、彼らは本当に自分がプレミアリーグに来てプレーすることを望んでいたので、それを受け入れた。親友のエドゥーやジョルジーニョと話したことで、より簡単に移籍を選択することができたから、今日こうしてみんなと一緒にいられることが本当に嬉しい。 」

「ロンドンでたくさんのファンに会ったし、飛行機の中でもみんなが喜んでくれた。だから、ファンに感謝したいし、今シーズンが本当に良いものになり、ファンに良い瞬間を与えられることを願っている。」

 

会長兼共同経営者のトッド・ベーリーは、「カリドゥ・クリバリは世界有数のエリートディフェンダーであり、彼をチェルシーに迎えることができ、大変うれしく思っている。素晴らしいリーダーであり、模範的なチームプレーヤーであるカリドゥは、豊富な経験と特性をもたらしてくれ、我々のチームとクラブ全体に貢献してくれるだろう。」と述べている。




チェルシーへようこそ、カリドゥ!