ベルファーストでのビリャレアル戦を前に、レアル時代にこの大会で既にトロフィーを獲得しているコヴァチッチが抱負を語った。

2016年と2017年、マテオ・コヴァチッチは、レアル・マドリードに所属していたときにスーパーカップを制覇した。そして、5月にチェルシーの一員として欧州王者になった彼は、さらにタイトルを獲得していくことに貪欲だ。

「このクラブは勝つこと、タイトルを取ることを目的としている」と、試合が行われるウィンザー・パークのナショナル・スタジアムでの練習前にコヴァッチは述べた。

「そのためにここにいるし、明日はトロフィーを掲げる今季最初の機会だ。最高のレベルで臨み、素晴らしい相手と対戦し、シーズン初戦を勝利で飾るために全力を尽くしたい。」

27歳のコヴァチッチ、ブルーズには様々な大会で勝ち続ける野心があるだけでなく、その能力もあると確信している。

「チェルシーは、トロフィーを獲得することに慣れているクラブで、毎年、タイトル争いに食い込んでいる。若いチームだけど、昨シーズンに偉業を成し遂げられることを示した。タイトルに飢えている若いチームで、タイトルを獲得したい。今シーズン最初のトロフィーを獲得するために、試合に集中していきたい。」