マテオ・コヴァチッチがトゥヘル監督を称賛し、今シーズンが終わるまでに彼の下でチームが大きく躍進する可能性があると語った。

コヴァチッチは1月にトゥヘル監督が就任して以来、リーグ・カップ戦両方において中盤でコンスタントに出場するようになり、チームは14試合連続無敗記録を樹立した。

シーズン途中にはトップ4争いから脱落するのではとの懸念もあったが、トゥヘル監督就任後は全ての大会で好調を維持しシーズン終盤を迎えようとしている。

「新監督は明確なアイデアを持ち、チームにすぐに順応するよう求め、各選手にどのようにプレーすべきか指導した。今はうまくいっているけど、このままの調子で試合に勝ち続けリーグでできるだけ高い位置にいることが一番大事なことだ。もちろんチェルシーのようなチームでは優勝またはトップ4入りが求められる。」

「サッカーではしっかりとトレーニングをして試合の準備ができれば1、2週間で結果が出る。10位だったときはトップ4入りできなくなるかと少し心配した。だけど今は復調したし、これまでと同じ姿勢でしっかりトレーニングして毎試合準備をしシーズンをいいかたちで終えたい。」