クル・ズマの7年半に及ぶチェルシーでのキャリアは、本日、ウェストハム・ユナイテッドへの完全移籍

ズマはスタンフォードブリッジで151試合に出場し、10ゴールを記録。2014年にASサンテティエンヌから移籍し、西ロンドンで過ごした期間に獲得した5つのトロフィーのうちの1つ、UEFAスーパーカップでのプレーが最後の試合となりました。

チェルシーのディレクターであるマリーナ・グラノフスカイヤは、「クル・ズマは若い選手としてチームに加わり、この7年半の間、このクラブにとって重要な場面に数多く関わってきました。2016年に非常に大きな怪我から復帰した際には信じられないほどの強さを発揮し、ドレッシングルームでは常に陽気で人気のある選手でした。私たちは、チェルシーのピッチ内外での彼の貢献に感謝するとともに、彼のキャリアの次のステージでの成功を願っています。」と述べている。

ズマは2014年1月にチェルシーと契約し、同シーズン後半はサンテティエンヌにレンタル移籍の形で残った。2014年9月にスタンフォードブリッジで行われたボルトン・ワンダラーズとのリーグカップで2-1の勝利を収めた際には、ゴ

準決勝でリヴァプールを破るのに貢献した後、ズマのシーズンのハイライトは、ウェンブリーで行われた同大会の決勝戦だった。中盤の守備的な役割を果たしたズマは、2-0での勝利に貢献した。

その後、プレミアリーグで優勝を果たし、ズマは合計で26試合に出場し、フランス代表としてもデビューも果たした。イギリスの最初のシーズンは上々の出来だった。

ズマは2015/16シーズンに第一候補のセンターバックとしての地位を確立し、アーセナルとのホーム戦でプレミアリーグ初ゴールを決めた。

しかし、2016年2月、マンチェスター・ユナイテッドとの試合で空中戦の後、着地に失敗し、十字靭帯を断裂してしまう。

再びプレーするのは10カ月以上後のことだが、その2シーズン前にクリスタルパレスを破ってリーグ優勝したときと同じように、ウェストブロムでリーグ優勝を決めたときもズマはピッチに立っていた。

再びプレーするのは10カ月以上後のことだが、その2シーズン前にクリスタルパレスを破ってリーグ優勝したときと同じように、ウェストブロムでリーグ優勝を決めたときもズマはピッチに立っていた。

2019/20シーズンに向けてブルーズのに再合流した彼は、2度目のチャンスをしっかりつかみ、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで休止したシーズン中、ずっとレギュラーとして活躍した。合計43試合出場は、チェルシーの他のセンターバックの中で2位以下の選手より15試合多かった。

昨シーズンは、守備的な補強により、ピッチ上のこのエリアでの競争が激化した。ズマは36試合に出場したが、そのうちトーマス・トゥヘルが監督就任した後に出場したのは13試合のみだった。

チャンピオンズリーグでは5試合に出場、特に、ラウンド16のアトレティコ・マドリード戦では、ホームで無失点を達成した。

ポルトではサブメンバーとしてベンチ入り、国内でのレンタル移籍前にチェルシーで獲得した2つのプレミアリーグタイトルとリーグカップに加えて、チャンピオンズリーグ優勝も経験した。そして今月初め、スーパーカップで優勝が、ズマの151試合目にして最後のチェルシーでのプレーだった。

ポルトではサブメンバーとしてベンチ入り、国内でのレンタル移籍前にチェルシーで獲得した2つのプレミアリーグタイトルとリーグカップに加えて、チャンピオンズリーグ優勝も経験した。そして今月初め、スーパーカップで優勝が、ズマの151試合目にして最後のチェルシーでのプレーだった。

プレミアリーグ優勝者、チャンピオンズリーグ優勝者として、そしてチェルシーのみんなの気持ちと共に、ロンドンを離れる。我々は今後の活躍を期待しています!