クル・ズマが10月27日に25歳の誕生日を迎えた。5年前にチェルシーの選手となってからのこれまでを振り返っていこう。

夢のスタート

2014年1月にサンテティエンヌから移籍したズマは9月に行われたリーグ杯のボルトン・ワンダラーズ戦でチェルシーデビュー。なんと25分には先制点も奪い、2-1の勝利に貢献。強烈なインパクトをファンたちに与えた。

真ん中で躍動

ネマニャ・マティッチが2015年リーグ杯決勝、トッテナム・ホットスパー戦では出場停止となり、ジョゼ・モウリーニョによって慣れないCMFに抜擢されたズマ。見事に役割を果たしたズマはチームの2-0での勝利に貢献。チェルシーで初めてのタイトルを獲得した。

年間最優秀若手選手賞

デビューシーズンとなった2014/15シーズンで公式戦26試合に出場し、プレミアリーグ、リーグ杯を制覇したズマは見事な活躍を見せ、クラブの年間最優秀若手選手賞を受賞した。

ガナーズを打ち砕く

ズマはチェルシーで得点を奪うことはほとんどなかったものの、2015年9月に行われたアーセナルとのダービーではヘディングで先制点を奪う活躍を見せ、2-0の勝利に貢献した。

大怪我

DFのレギュラーとして定着しつつあったズマだったが、2016年の2月にマンチェスター・ユナイテッド戦で大怪我を負ってしまう。前十字靭帯を損傷し、シーズンの残りを欠場。またユーロ2016も欠場した。

復帰への長い道のり

2016年の夏にトレーニングに復帰したズマは2017年のFA杯4-1で勝利したピーターバラ・ユナイテッド戦でようやく試合に出場。それから徐々に出場機会を増やし、13試合に出場。チームはプレミアリーグを再び制覇した。

ローンでの成功

2017年の7月にチェルシーと新たに6年契約を結ぶと、ストーク・シティへとローン移籍。チームは降格してしまったが、ズマは37試合に出場している。昨シーズンはエヴァートンへとローン加入。36試合に出場するなど活躍を見せた。

ブリッジに帰還

エヴァートンも完全移籍に向けて話を進めたものの、2019/20シーズンはチェルシーに復帰を果たした。プレシーズンでは見事な活躍を見せ、フランク・ランパード監督の下、若きチームの中で徐々にその機動力を発揮しDFの中心選手となっていった。

誕生日おめでとう、クル!