フラム戦の終了間際に絶好の得点チャンスを逃したティモ・ヴェルナーに対し、フランク・ランパードは月曜の記者会見で彼が再び得点できるようになるために何が必要か語った。

ヴェルナーは先週のFAカップで2か月ぶりにゴールを決めたが、途中出場となった土曜のフラム戦では久々のリーグ戦での得点はお預けとなった。

ヴェルナーがゴールから遠ざかっているのは純粋に自信を喪失しているためか、そして復調するために何が必要かを訊かれたランパード。

「彼とは話すしトレーニングでも指導する。そうやってスランプを乗り越えることができる。自分も現役時代何度も経験したし、彼らもこれからそういう時期があるだろう。ティモのようなトッププレーヤーは注目されているし、大袈裟に語られることもある。会話をし、一緒にトレーニングをするという基本は同じで、それが自分の役割だ。」

トッププレーヤーがビッグクラブに移籍後、期待通りの活躍ができないことでスランプから脱出できないのではという質問に対し以下のように答えるランパード。

「それぞれの選手によって背景が異なるから、彼と他の選手を比べたくない。フェルナンド・トーレスはここで難しい時期を過ごしたが、チャンピオンズリーグ優勝の時には重要な役割を担った。だから比較するのはあまりいい事ではない。必要なのはティモや自分自身、そしてチームメイトが彼の能力を最大限引き出すために最高の環境をつくることで、それはつまりしっかりとトレーニングを積むということだ。先日の試合のようにチャンスを逃したときは、トレーニングに戻って何度も練習するだけだ。調子を落としている時は練習を何度も繰り返し、周りからサポートを受け、ひたむきに集中力を高めないといけない。」

‘My job is to support around him and give him positivity and confidence. Timo Werner didn’t by chance score the amount of goals he has scored over the last few years. He has scored those goals because of his huge talent. It is a tough time here for him at the moment but it is a small period in what I believe will be a fantastic career for him going forward at Chelsea. I have no doubts over that and I hope people around me can also see it that way.’